絶対に食いっぱぐれない資格なんてない

例えば、
トラックの大型免許が
あれば大丈夫! 
とか、
看護師の免許があれば、
一生物だよね、
ということはない、
と思うのですが、、、、

自分が得意分野とする枠で
資格を持っているというのは、
就職する時の強みですよね。
でも、
この世界って、
とんでもないことが
起こるんです。

以前、
生花に興味を持った男性が
テレビに出ていたのを
思い出します。
名前は忘れました。
特集でもない限り、
絶対にテレビに
出ることのない一般人でした。
彼は、
お花の免許を持っていません。
なのに、
全国から仕事の依頼が来て、
てんてこ舞いしていました。
彼がテレビで生け花を
しているところを見たら、
考えられないような
生け方をしていました。
花がついている茎を
折っちゃったりして、
何とも斬新な生け方!
なのに、なんと、
日本生花なんとか連盟????
協会の名前は忘れましたが、
お花の検定で
一級を持っている人が、
この無免許の一般人に
お花を習いに行っているとか
言っていました。

何となく、
就職に有利そうだから、
取っておこうと思って、
取った資格、
あるいは、
数ヶ月で簡単に取れた資格、
は、正直言って、
あまり役に立たないかも???

好きでもないのに、
資格だけあっても
続かないような気がします。

私が看護師をやっていた時、
新卒で入社してきた看護師が
いました。
小さい頃から、
看護師に憧れて、
大人になっても、
看護師になりたい気持ちに
変わりなく、
一生懸命勉強して、
取った看護師の資格ですが、
わずか十ヶ月で退職しました。
彼女は看護師をやりながら、
ディズニーランドの
ダンサーのオーディションを
受けて、見事に合格!!!
喜び勇んで、
東京ディズニーランドに
旅立って行きました。

実際にやってみると、
結構、向いてない仕事って
あるんですよね。
仕事って、
世の中の景気によっても、
左右されます。

だから、
資格を取る場合は、
その仕事が
好きかどうかを
見極めて取った方がいい。

ただのアクセサリー的な
ものにしたい、
あるいは、
花嫁道具に
したいだけの資格なら、
やめた方がいい。
お金がもったいないです。
お花の一級を持っている女性と
結婚したいなんて男は
いませんからね。

冗談はさておき、
スピリチュアル的になるけど、
この人間界には
確かなものは
何一つないのではないですか?
必要なものは、
必要になった時に、
すでに与えられている、
と考えると楽かもしれません。

私がシングルマザーになって、
子供の養育費に困っていた時、
神様が、
「これをあげるから、
当面これで食っていけ」
と言ってくれたのが、
看護師の免許でした。

そんなものかもしれません。
楽しくお仕事させて
頂きました。

嫌いだけど
とりあえず、
取っておこう、
と思う資格ではなく、
興味のある仕事に
関連した資格を
取った方がいいです。

↓ いつもクリックしてくださってありがとうございます。応援してください。 
エッセイ・随筆ランキング

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

仕事が覚えられない原因

次の記事

感性が乏しい人の職業