絶好調を呼び込む絶不調

喜びと悲しみは半分ずつ。       
ものすごく悲しんでいる人は、
同じ量のものすごくうれしいことが待っている。
喜びと悲しみは、
寸分もたがわず半分ずつだから。
ものすごくいいことばかりがある人を
羨ましいと思わなくてもよい。
そういう人はものすごくイヤなことも抱えている。
なぜなら、よい事と悪く事は半分ずつだから。

禍福は糾える縄の如し。
いつまでも良いことは続かない。
悪い事もいつまでも続くものではない。
今が絶不調なら、
その絶不調が絶好調を連れて来くる。
これは宇宙の法則。
これ、本当の話ですよ
景気も良くなったり悪くなったり、
交互にやってくるでしょう。
不調の次は好調と決まっている。
小さな不調は小さな好調を連れてくる。
大きな不調は大きな好調を連れてくる。
必ずそうなっている。
だから、好調だからと言って安心しないで、
次にやってくる不調に備えておくこと。
不調だからと言ってがっかりしないで、
次にやってくる好調を楽しみに待つべし。

↓ いつもクリックしてくださってありがとうございます。応援してください。

エッセイ・随筆ランキング

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA