マザー・テレサの言葉①

みなさま、こんにちは!
梅雨の中休みに縮景園に行ってみました。
アジサイを見ていると、心がホッとしますね。
土壌が酸性かアルカリ性かで色を変えるとは、
なんと不思議な花なんでしょう。
神様は素敵な魔法を使いますね。

↓ いつもクリックしてくださってありがとうございます。応援してください。 

エッセイ・随筆ランキング

今日はマザー・テレサの名言を味わってみましょう。

神様は私達に成功してほしいなんて思っていません。
ただ、挑戦することを望んでいるだけです。

マザー・テレサ

結果は二の次

良い結果が出るに越したことはないけれど、ダメ元でも頑張った経験は人をパワーアップさせると思います。頑張っている最中に起こった出来事や小さくてもゲットできた成果は嬉しいものです。以前、私が劇団で役者をやっていたころ、本番よりも練習のほうが数倍楽しめたのを思い出します。目標に向かう時の過程では、何度失敗してもやり直しができるし、なんといっても、自分が選んだ道に向かって邁進しているのですから、確実に楽しんでいるわけです。
チャレンジ精神は神様が最も喜ぶことなのかもしれませんね。○○をやりたい、と思うことがその人の個性であり、神様からもらった課題であり、命令であり、この世で誰もが演じる役柄なんでしょうね。

報酬にこだわると楽しめない

成功する人って、給料のよい会社を選んだり、もらえる金額で仕事を選んだりしないらしい。極端な場合では、どうしてもやってみたいことがあったら、今もらっている給料が半分になっても、やりたい道を選ぶ人が多いらしい。たとえば、テーブルの上にある多機能でポケットが一杯ついている1,980円のバッグと、シンプルで小さな10,000,000円のエルメスのバッグのどちらかをプレゼントすると言われたら、あなたはどちらを選びますか? ふつうの人はエルメスを選びますよね! バッグに興味がなくても、質屋に持って行ったら、そうとうなお金になりますよ。でも、1,980円のバッグを選ぶ人は、その中に何が詰まっているかを見抜いているんですよ! これは例え話ですから、バッグじゃなくても何でもいいわけです。つまり、大手の企業からの採用を断って、小さな企業に就職した場合、そういう決め方をする人にとっては、それが自分にとって最も良い選択であることを体のどこかで知っているのです。大手の企業で出世コースまっしぐらの人でも、うつ病になったり、その他の心の病になる場合もあります。しかし、どんな結果になっても、挑戦することによって、私達は何かに気付くようになっているのかもしれません。
すべては私達に「気付き」を与えるために起きた現象で、チャレンジは私達を気付きへと導いています。目の前に現れる魅力的なことをとりあえずこの手でつかんでみたい。つかんだら食べる。まずければ捨てたらいい。次から次へと現れては消えるチャンスを見逃さないようにしたいです。

すべてはノンデュアリティーです。私達は意識の一部。






Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA