苦労なんかしなくてもいいです

みなさま、こんにちは!
今日は虹の絵を描いてみました。
背景をいろんな色にしてみましたが、
どうしても黒以外にピッタリくるものがありませんでした。
真っ黒のバックだからこそ、
虹がよく映えるように見えるのは気のせいですかね?

↓ ここをクリックしてくださいませ。頑張っています。 なにとぞよろしくお願いします。

エッセイ・随筆ランキング

苦労すると成長する?

先日、テレビを観ていたら、
「やっぱり、苦労しなきゃ、成長しないんだよね」という言葉が、
耳に飛び込んできました。
有名な人達なんでしょうけど、
私の知らない複数の人がテレビに映っていました。
唯一私が知っていたのは長嶋一茂さんだけ。
彼だけが、この言葉に対して決まりが悪そうな顔をしていたんですよ。
周囲の人は、「親の七光り」とでも言いたいのでしょうか?
苦労があるから成長がある、
というのは、昔から人間の頭に叩き込まれたただの概念だと思いますよ。
生まれつき才能のある人もいるし、
親の七光りがあっても、芽が出ない人もいる。
親の七光りという言葉を使いたがる人は、
あれは、嫉妬だね。
親の七光りを利用してもいいじゃないですか!
そこに生まれてきたというその人の強みだからね。
苦労したから成長するんじゃなくて、
努力するから、変化するんだと思うよ。
「若いころの苦労は買ってでもやれ」
よく聞く言葉。
苦労は人を疲れさせるだけ。
苦労しなくても済む人はラッキーな人。

見て覚えろ! そんな職場は辞めなさい

今どき、親方と徒弟のように、
見て覚えろ、なんてことを言う職場は古い!
今はそんな時代じゃないよ。
ちゃんと言葉で説明して、
目の前でやらせる。
間違っていたらそこを指摘する。
そして、新人には早く仕事を覚えてもらう。
見て、技術を盗んで覚えろ、だなんて、
時間のムダですよ!
今は、ちょっとしたレストランに行っても、
若いシェフはアルバイトだったりするけど、
いつも同じ味で、
人によって作り方が違うなんてことはない。
ちゃんと教えてもらっているらしい。
人の動きを観察して、
自分とどこがどう違うのか見極めることは大切。
でも、ぜーんぶ、観察を強要する社員教育はアウトだね。






Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA