笑える回転寿司屋 腹筋破裂! (思い出のお店です)Funny conveyor-belt sushi restaurant

今日は、思い出に残った回転寿司屋さんの話をしたいとお思います。怖い物見たさで入ってみたのですが、本当に衝撃的でした。あえて、名前は出しません。ネットにはほかの人がすでにあげているようですが。

Please scroll if you want to read in English.

〇〇寿司に入ると、まるでシルバー人材センターからの派遣社員のようなおばあさんが、「いっらっしゃい。どこの席にしょーかのー」と言ってきた。どこの席でも空いてるやんけ、と思いつつ、私達家族はボックス席に案内された。

正午過ぎなのにこんなにすいててよかったね、と母。やたらと老人の店員が多い事に戸惑う息子。テーブルを片づけるおじいさんの手が震えている。脳卒中か?

小皿をセットして醤油を入れた。さあ、食べようと思い、流れてくるお皿を見ると、きれいに二つならんでシャリだけが載っていた。笑いがこみ上げる! 噂には聞いていたが、、、

とりあえず、ちゃんとしているお寿司を取って食べていると、次々と面白い寿司が流れてくる。シャリとネタが皿の上で散乱している。台風の爪痕みたい!

それを見た私は笑いをこらえきれず、口の中の寿司を吹き出しそうになってしまった。私の前に座っていた母も父も息子も笑いをかみ殺していた。

私達の姿を見ていた店員さんが、「あんたら仲がええのぉ~」と言って、目を細めて私達を見ていた。お店の状況を全く把握していない様子。さらなる笑いが容赦なく襲い掛かる。

皿から落ちそうになっているものや、シャリとネタがクロスして十字架のようになっているものもあって、次はどんなのが流れてくるのか、なんだかワクワクして楽しみになってきた。

帰るときに、〇〇寿司最高! 素敵なパフォーマンスをありがとう! と店員さんに言うと、石のように体が硬そうなおじさんが、弱々しい声で、「どういたしまして、また来てね」と言った。

あの時以来、私達はあの店には行っていません。

味は悪くなかったですよ。デザートも美味しかったし、でも、あそこまで笑わせないでほいいなぁ。

以上、思い出に残ったお店の話でした。いつも来てくれてありがとう。

<translation>

I will talk about a sushi restaurant with lasting memories. Curiosity overcame fear, and I went to the restaurant with my family. That was a shocking restaurant, as the rumors say. I would not dare to tell the restaurant’s name. But I have seen a terrible situation in that restaurant on the internet.

When we stepped into the restaurant, an old employee lady, who seemed to be from Silver Human Resource Center, said: “Good evening sir, let’s see, I’m wondering which seat I will take you to.” Good evening??  There are lots of available seats. He directed us to our table. It was an open booth.

“I’m delighted. It is tranquil even though it’ a little past noon.” My mother said. My son was overwhelmed by the number of old employees. A former man staff’s hand was trembling. Cerebral stroke?

I set three plates in front of us and poured soy source into each. Let’s eat! At that time, our eyes caught an extraordinary scenery! A plate with two sharis without any sushi topping was coming. I could not help laughing. I already knew it through rumors…..

We were eating the usual sushi for a while. BUT, funny sushi began to come one after another. Sharis and sushi toppings have scattered on a plate. It is like catastrophic scars like a typhoon left!

I couldn’t but laugh to see that weird situation. Laughter made me almost throw up sushi in my mouth on the table. My mother and my son managed to stifle laughter.

One old staff looking at us said, “You are getting along with each other.” He was smiling at us. I thought he didn’t notice how lousy the reputation this restaurant had. Increased laughter was attacking us without mercy.

Some sushi was ready to drop from a plate, some shari and sushi topping intersected at right angles like a Christianity’s cross. We were very excited and enjoyed expecting how strange the next sushi would be.

When we left the restaurant, we said to the staff, “〇〇sushi restaurant is Brabo! Thank you for your great performance!” An old man staff told us, “You are welcome; please come here again.” His body seemed to be so stiff, and his voice was feeble.

We have never gone to that restaurant since then.

Sushi’s taste was not bad. The dessert was delicious. BUT, I hope they do not make us laugh like that.

That’s all. It is my story with lasting memories.

Thank you for reading my strange story through to the end.

 

↓ いつもクリックしてくださってありがとうございます。応援してください。

エッセイ・随筆ランキング






Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

人生の意味