どうして生まれてきたんだろう?

どうして生まれたのだろう ?

神様には五感がないから、
地球を味わうことができない。
だから、自分の代わりに人間を作ったのかもしれない。
苦しみも、悲しみも、喜びも、
人間を通して、本当は神様が味わっているのかもしれない。
私達は舌に存在すscる味蕾のように、
同じところから発生したひとつの生命体かもしれない。

 

↓ いつもクリックありがとうございます。応援してください。


エッセイ・随筆ランキング

 どうして戦争があるんだろう ?

この地球上には、「自分」という単位がある。
つまり、「自分」と「他人」を分けている。
争いは、「我」の産物だ。
俺の物だ、権利がある、と言って、
所有権を奪い合う。
他人を蹴散らかしても、
自分だけが優勢になることを望む。
「我」と「欲」があるから、
人類の文明は発展してきたのかもしれないが、
その発展の影に「争い」という痛みが潜んでいる。

 

★ ガッツ! 続けているともう半年後に素敵なことが起こる!

 どうして病気になるんだろう ?

時々、手や足を見ていると、
自分という人間から
生えてきた別の生き物のように見える時がある。
病気で体の一部が不自由になって、
自分の思い通りに動かなくなったら、
本当に別の生き物みたいに感じるだろう。
病気は生まれる前からプログラムされているのかもしれない。
どんな不便さの中でも人生の本質を味わうために。

 

↓ いつもクリックありがとうございます。応援してください。


エッセイ・随筆ランキング

 どうして生き物は死ぬんだろう ?

地球上の法則は始まりと終わりでできている。
新しいものがどんどん古くという「時間」が存在する。
単純に肉体が古くなって死ぬわけだ。
神様はこの地球上を、
どうしてこんなに儚い物だらけにしたんだろう。
こんな地球上で「永遠」という言葉が存在するのは
変だと思う。
人類の太古の記憶のどこかで、
人間は「永遠」の何かを知っているのかもしれない。

 

★ ガッツ! 続けているともう半年後に素敵なことが起こる!

浄土とはどんなところなんだろう ?

天国や浄土のことは永遠に人間には分からない。
でも、死への恐怖を緩和するために、
人間が創りだした架空の世界だとは思いたくない。
私が思うに、極楽浄土とは、「自分」と「他人」の
区別がない世界じゃないかと思う。
人間の体を作っている60兆の細胞みたいに、
混ざり合って存在しているような気がする。

 

 

★ ガッツ! 続けているともう半年後に素敵なことが起こる!

↓ いつもクリックありがとうございます。応援してください。


エッセイ・随筆ランキング

 



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA