毒親を毒抜きする方法

親というのは
大体毒親なんですよ。
特に、子供が小さい時は、
可愛いばっかりで、
着せ替え人形みたいに
いろんな服を着せて、
写真を撮りまくって、
子供を所有物化するわけです。

幼稚園児であれば、
親が毒親だなんて
よほどひどい虐待を
受けていない限りは
誰も気づかないでしょうね。

だけど、
子供は、物心ついた頃、
親がとんでもないモンスター
であったことを知って
呆然とするのです。
親の思う通りの道を
歩まなければ
あるいは、
親の思う通りに
行動しなければ、
親は嵐のように怒って、
子供を自分の傀儡のごとく操り、
地獄に引き摺り込むのです。

だけど、
子供は、
幼ければ幼いほど、
親に養ってもらっている限り、
その毒親を
どうすることもできません。
当たり前ですけど、、、
毒親の程度にもよりますが、
どうしたら毒親に
子供に対して、
とても残酷なことを
しているという自覚を
持たせることができるのでしょう?

まず、
自分の好きな道に
進ませて欲しいと
行ってみてください。
東大以外は大学じゃない、
とか言って、
執拗に勉強を強要する親に
対しては、
勉強は嫌いだ、
東大にはいきたくない、
とはっきり自己主張してください。

子供は
親の言う通りにはならない、
ということを
全身で、そして言葉で
親に言ってください。

逆の場合もあります。
今は少なくなりましたが、
女の子は大学に行かなくてもいい、
高卒で十分だ、
と言われたら、
大学に行きたい、と
主張してください。

毒親の毒を飲むと、
人間がダメになります。
人間の自立を妨げるのが、
毒親の毒です。

親に養ってもらっている間は、
親の言動を適度に無視して、
精神的に自立しておくことが大切。
うちの親は、
私に毒を飲ませようと
しているんだな、
と気づくことが
毒抜きの最初の一歩。

毒親から飲まされようと
している毒を捨てる方法は、
親には「はいはい」
と言っておいて、
いうことを聞かないことです。

生活能力がついた時点で、
一人暮らしをすることを
お勧めします。

 ↓ いつもクリックしてくださってありがとうございます。応援してください。
エッセイ・随筆ランキング

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA