鬼のように勉強を強要する親

子供をアクセサリーだと思っている親がいる。
ウチの子は○○大学を卒業している。
ウチの子は○○に就職した。
などと言ってマウント取り過ぎの親ばか。
親と子の希望が同じならいいんだけどね。
親の操り人形になっている子供は可哀そう。

あなたの希望は、両親の希望と同じですか? 良い大学に行って良いところに就職する、のが人生を乗り切る最善だと思いますか? これはかなり古い考え方ですよ。バブルの時期にガンガン稼いできたお年寄りがよく言う言葉です。この世には確かなものなんて何にもないのです。どんなに素晴らしい大企業に就職したからといっても、今どきのことだから、会社が倒産したり、首になったり、自ら辞める羽目になったり、起こってほしくない事が起こるのが今のご時世です。勉強ばかりして、お友達とも遊ばないし、喧嘩もしたことがない子供を、私は方程式人間と呼んでいます。そんな子供時代を過ごした人は、小説の中で、誰かが「悲しい」というシーンがあったとしたら、その人がどんな気持ちで、どんな顔をして、どんな声で、「悲しい」と言ったのか、全く分からないでしょう。勉強もリーダー的素質も大切ですが、一番重要で、成功するのに必要なものは、「人柄」だと思うんです。ある程度普通に勉強ができれば、後は感性を磨いたほうがいい。小説を読むことをお勧めします。

↓ いつもクリックしてくださってありがとうございます。応援してください。

エッセイ・随筆ランキング

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA