とりあえず生きていましょう

頭に浮かぶままに鼻歌を歌ってみた。
これって結構体にいいかも。
声にのって体の中から毒が抜けていく。
未来を想像したら怖くなる。
過去を思い出したら辛くなる。
何が正しくて、何が間違っているのか、
分からなくなる。
ひとつだけ確かなことがあるとしたら、
今ここに生きていることだけ。

あなたのネガティブ度はどのくらいですか?
あまりにも辛いことが多い人に言いたい。
あなたは今、身を縮めてジャンプする前の体勢に入っています。
身を小さく縮めれば縮めるほど、
高く飛び上がることができるでしょう。
次に来るのは大物だと思って、
今の辛さに耐えましょう。
生きていれば、必ず良いことがあります。
辛いことって、次にくる大物のスパイスなんですよ。
辛いことがあるから、楽しいことが存在できるのです。
白い画用紙に白いインクで絵を描くことはできないでしょう。
黒い画用紙も同じこと。
ネガティブとポジティブは二つでひとつ!
時々思うんですけどね、
私達って、自分の生涯がどんなものなのか、
ぜーんぶ知っているんじゃないですかね。
魂の奥底ですべてを知っているような気がします。
知らず知らずのうちに危険を逃れているなぁ、って。
赤信号で坂道に停車していた時、
なんとなく前のトラックと距離を置いていたら、
青になって発信した時に、
前のトラックから荷物がドッサリ落ちたことがあります。
そのトラックにピッタリつけて停車していたら、
と思うとぞっとします。
だからね、
すべてはなるように運んでいく、
と思って、気楽に生きていましょうよ。

↓ いつもクリックしてくださってありがとうございます。応援してください。


エッセイ・随筆ランキング






Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA