『生命式』BY 村田紗耶香__葬儀場は出会い系マッチングパーティー会場!

Scroll down.  You can read in English.
人間の肉はどんな味なんでしょうね?
葬式にでるお膳は亡くなった方の肉らしい。
そして、その肉を食べるパーティー会場で、
その場限りのカップルができる。
カップルは新しい命を授かるために、
その場限りの交尾をするという。
このように新しいタイプの葬式をすると、
国から補助金が出る。

 葬式をカップリングパーティーにするなんて、村田紗耶香さんしか思いつかないでしょう。死んだ人の命を食べて次の命を作る、という残虐性の中にも命の誕生というマッチングがやけに印象に残る作品です。人間を調理する過程があまりにも生々しくて笑ってしまいました。人間の五感を揺さぶるような状況描写を読んでいると、まるで現場を見ているような鮮やかさに夢中になります。人類は自分達の文化や生活の中で、「正常」という基準を作って生きてきました。しかし、小説の一部で語られている「正常」は発狂の一部であり、許される範囲の発狂を「正常」だとする考え方は、その通りだと思いました。そのことを私達は無意識的に認識しているのかもしれません。葬式にカラフルで派手な服装で行く人は「異常」で、黒い服を着ていく人は「正常」だとする考えかたは、未来においては逆転する可能性もあるのです。正しい、とか、間違っている、とかを抜きにして、人類の歴史を真上から見て、風景の一部になっている自分を感じてみませんか? そうすれば、もっと気楽に生きられるような気がします。遊園地で絶叫マシーンに乗っている人は、そのマシーンの動力は設計について考えたりしないでしょう。

↓ いつもクリックしてくださってありがとうございます。応援してください。

エッセイ・随筆ランキング

『Seimeishiki』BY Sayaka Murata

What does the human’s flesh taste like?
I hear that the funeral dish is the dead person’s meat.
At the party that attendants eat the meat,
They find an ad hoc partner.
The couple copulates to have a new life ad hoc.
When we have this new type of humeral,
We can get assistance payment from the government.
🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹 🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹
 Besides Sayaka Murata, nobody couldn’t make the funeral into the match-making party. An attendant for the funeral eats the dead person’s meat and gives birth to a new life. The cruelty matching well with the delivery of life impressed me enormously. I just laughed to read the vivid process of cooking the human body. Reading the situation shaking our five senses, I was crazy about the vividness of watching the exact spot. The humans were living with the standard of “normal” in their life and culture. However, the “normal” in the novel is a part of the madness. The idea that an acceptable range of craziness is “normal” is exactly right. We might know it unconsciously. The idea that a person wearing colorful clothes at the funeral is abnormal and a person wearing black clothes is “normal” might be wrong in the future. Without the idea of being right or wrong, watching the human’s history from directly above, would you like to taste yourself being a part of the scene? If you do so, I feel everyone lives more quickly. A person riding a thrill ride would never think about the machine’s dynamic force or design.

↓ I am participating in the Japanese blog ranking. Click here. I would appreciate your continuous support.
エッセイ・随筆ランキング

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA