地下鉄の中で知らない人の体をくすぐってしまった(I tickled a stranger’s body in the subway.)

 Scroll down if you want to read in English.
本当にやらかしてしまった話です(恥)
私が看護学生だった時、地下鉄の中で大失敗をしてしまいました。なんと、女性の脇腹をくすぐってしまったのです。知らない人です。どうしてこんな基地外じみたことをしてしまったのでしょう。私は基地外ではありません。普通の女です。

 ある日、実習が終わって地下鉄で帰宅していた時のことです。看護学校には制服がなく、病院実習に行く時は、黒のスーツに白のブラウスを着ることが義務付けられていました。
その日は、暑い夏の日でした。黒のリクルートスカートに白のブラウスで病院実習から地下鉄で帰宅する時、同じクラスの女の子ひとりと一緒に地下鉄に乗りました。

 同じ方向に帰る学生だったので、よく一緒に帰っていました。買物等をする日は違う駅で降りる女の子でした。

 彼女の名前は吉村さん(仮名)。その日は、よっぽど疲れているらしく、眠ってしまったようです。コックリ、コックリと船をこぎ始めました。私は彼女が眠っているのに気づきませんでした。あとで彼女が言ったから知ったのです。

 吉村さん、今日は買物して買えるのかなぁ、、、私も一緒に買い物したいなぁ、と思い、吉村さんに、「今日はどこで降りるの?」と聞いてみました。「ねぇ、吉村さんってば! どこで降りるのよ?」と大きめの声で話しかけても、知らんぷりでした。なぜ? 私って、なにか吉村さんの気に入らない事を言ったのかなぁ? 違う! そんなんだったら一緒に帰るわけないもん。

それから、私は大胆にも「コチョコチョ、コチョコチョ」と言いながら彼女の体をくすぐり始めたのです。それでも、彼女は何のリアクションも見せないので、やっと彼女の顔を覗いてみました。

 なっ、なっ、なんとぉ~~、それは吉村さんではなかったんです。私は、吉村さんが私の左サイドに座っていると思い込んでいまいした。吉村さんは、その時は起きていて、私の右サイドに座って、私の奇行を見ていたのです。

 左サイドに座っていた見知らぬ女性は、私達とそっくりな格好をしていました。黒のリクルートスカートに白のブラウス。バッグまで黒のバッグで、靴も黒! バッグまで吉村さんとそっくりなのを持っていたとは! 顔は全然違っていましたが。

  私は平謝りに謝り、その女性に許してもらいました。小さな声で吉村さんに、「どうして、『私はこっちよ』って言ってくれなかったの?」と聞きました。吉村さんは、知り合いだと思っていた、と言いました。

 周囲の乗客は赤面する私を見て、不自然に顔を背けては笑いをこらえているようでした。
笑いをこらえきれなかった一人のおばさんが、「ブワッハー」と派手に笑い始めたので、私も、我ながら大胆な行動をしたものだと、笑いがこみ上げてきました。「笑い」というのは厄介でその場を立ち去るしかありませんでした。吉村さんと一緒に降りました。やれやれ!

 こんなことはもう二度と経験したくない、と思いました。これが最初で最後だ。

 しか~し、またもや地下鉄で同じような恥を、、、、、

 つづく(恥)

↓ いつもクリックしてくださってありがとうございます。応援してください。

エッセイ・随筆ランキング

💗💗💗💗💗💗💗💗💗💗💗💗💗💗💗💗💗💗💗💗💗💗💗💗

I tickled a stranger’s body in the subway.

 When I was a college student of nursing, I made a blunder in the subway. I tickled a woman’s ribs. She was a stranger person. Why did I behave like one possessed? I’m not crazy, I’m a normal woman.

 Someday, I was on my way home after a nursing practice at a hospital is over. We student had no school uniform, but we have been obliged to wear a black suit and a white blouse when we go to a hospital for praicise.

 It was a very hot summer day. I was wearing a white blouse and a black tight skirt. I was on my way home from a hospital. I got on the subway with my friend in the same class.

 I used to go home with her because our houses were located in the same direction. She often went shopping on her way home, so she always got off at different stations.

 Her name is Yoshimura (fictitious name). On that day, she seemed to be very tired, and fell asleep. She began to nod off. I didn’t notice that she was sleeping. After my big mistake, she told me that she had follen asleep.

 I was wondering if she was planning to go shopping somewhere today. I want to go shopping with her. I asked her “Which station will you get off today?” She said nothing. “HEY YOSHIMURA ! WHICH STATION WILL YOU GET OFF?” I asked her again with relatively high volume. She continued ignoring me. WHY? Did I tell her something bod? No, if it is so, she won’t go home with me.

 Then, I began to tickle her ribs fearlessly having a voice “Kichy-koo. Hitchy-koo.” However, she showed me no reaction. I watched her face.

 OH MY GODNESS !! She was NOT Yoshimura. I believed that Yoshimura was sitting immediate left to me. She was awake at that time sitting immediate right to me and looking my mysterious action.

 A woman sitting next to me was wearing the same clothes like us. A white blouse and a black tight skirt ! She was carrying a black bag and black shoes. What? Her bag was almost the same with Yoshimura’s bag. Their faces are quite different from each other.

 I made an abject apology. She forgave me. Thank you. And in a whisper, I asked Yoshimura “Why did you tell me that you are sitting here?” she said “I thought she was your acquaintance.”

 Other passengers were looking at me blushing for shame and turned their faces away unnaturally, who seemed to withhold their laughter.

 One woman who failed to withhold her laughter began to laugh. Hahahahahaha. I behaved the storm. I couldn’t control myself. I also laughed. Once I laugh, laughter is troublesome. All I have to do was getting off the subway. Yoshimura got off with me. Oh my !!

 I thought I don’t want to experience like this anymore. This is the first and the last shame.
However, I experienced the similar shame again at the subway station.

 To be continued. (shame)

↓ Please click here. Thank you very much for your continuous support.

エッセイ・随筆ランキング

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA