何にも期待せず、嫌いなことはやらない

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いします。
苦しすぎる人生を少しでも楽に生きられるよう、
みなさまのお役に立てるブログを書こうと思います。

最も重要な決定とは、何をするかではなく、何をしないかを決めることだ。
スティーブ・ジョブズ(アップル創設者)

 今年の私の目標は、頭の中を断捨離することです。苦痛に思っていることの中で将来的に役に立ちそうもないことは即カット。スティーブ氏の名言にもある通り、現在やっていることの中のくだらない習慣みたいなものをそぎ落としていこうと思っています。そして、やめてはいけないもの、つまり情熱を注ぎたいものに、たっぷりと時間をかけるほうが効率的です。
 始めるよりもやめるほうがエネルギーがいるかもしれません。長きにわたってやってきたことであればあるほど、やめるには時間と勇気が必要です。たくさんのことにエネルギーを使い過ぎていると、本当にやりたいことに注ぐ時間が少なくなります。そんなことを言っても、やめたことが本当はやめなくてもいいことだったりして、やめなきゃよかった、と後悔することになりませんか、と疑問を抱く人がいるでしょう。そんなことを考えていたら、本当に心底、魂が求めていることにいつまでたってもエネルギーを注ぐことができません。むしろ、いつまでも多趣味であれこれと手を伸ばしているほうが後悔するかもしれません。しかし、直観に従って力を注ぎたいことを集中的にやっても、良い結果が出るとは限りません。むしろ望まない事態を引き起こすかもしれない。だけど、失敗しても、本当にやりたいことに全力投球するほうが楽しくないですか? これからどうしようかと迷っている人は、是非、やりたいものリストを書き出して、どれが本命なのか魂に聞いてみましょう。嫌いなことは長続きしません。好きなことは長時間やっても疲れませんし、時間を忘れて没頭できます。今やっている仕事が面白くてやりがいがあると思っている人はラッキーです。逆に、何の生き甲斐も感じず、嫌いだけどなんとなくお金を稼ぐために仕事をしている場合、徹底的に生活費を稼ぐためだけにエネルギーを注いでください。この世知辛い世の中で転職するのは自殺行為かも知れませんから。割り切って仕事をやっている人がほとんどです。かつて私もそうでした。人によってハードディスクの容量が違いますから、何かをやめなければ何かに力を注げない場合もあります。つまり、何かがうまくいっている時は、何かを諦めているのです。ナンバーワンセールスマンの地位を維持している人は、ガールフレンドをつくることを諦めているのかもしれません。頭の中は次に大口の仕事を取ることでいっぱいになっているのです。今度のデートはどこにしようか、彼女へのプレゼントは何にしようか、などと考えている暇がないのです。オリンピックで金メダルを取った人は、もっとたくさんのことを諦めています。友達と飲みに行くことも、美味し物を食べることも、読みたい本を読むことも、映画をみることも、たくさんのことを諦めて、狙いを定めたことのみに全エネルギーを注ぎこんでいるのです。
 世の中には、ほしいものを全部手に入れている人はいないのではないでしょうか。成功には犠牲がつきものなんですよね。しかし、どんなにエネルギーを使っても、頭に描いたような成功を収める人は少ないのです。人生は一度キリだから、思うようにやってみたらいいと思います。人生が終わりを告げたら、私たちは焼かれて骨になるんですよ。人が死ぬというのはすごいことだと思いませんか。人生の最後を思うとき、チャレンジできないことなんて何もない、と思えるんです。この肉体があるうちに、楽しんだ者勝ちなんじゃないですかね。

↓ いつもクリックしてくださってありがとうございます。応援してください。

エッセイ・随筆ランキング

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA