マザーテレサの名言を味わう

大切なのは、どれだけ多くをほどこしたかではなく、それをするのに、どれだけ多くの愛をこめたかです。
大切なのは、どれだけ多くを与えたかではなく、それを与えることに、どれだけ愛をこめたかです。

愛がこもっているか、いないかを判断する基準はなんでしょう?
人によって価値観が違うので、○○です!
とか、簡単に定義できるものではないような気がします。
たとえば、100万円の宝石をプレゼンとされたら、
すごく愛されていると感じる人もいるでしょう。
宝石じゃなくても、
芸能人の子どもみたいに、車や別荘とかをプレゼントされたら、
愛されている証拠だと思う人も多いと思います。
つまり、
何の見返りも期待せずに、
相手が望んでいるものを差し上げるところに、
愛を感じるのだと思います。
物質ではなく、ボランディア活動の場合はどうでしょう。
困っている人が自ら進んで何もできない時に、
その人に代わって力になることに、
たくさんの愛を感じるでしょう。
愛をいっぱい吸収しているものやことは、
施しを受け取る人に、
愛が感じられるようになっているのです。

↓ いつもクリックしてくださってありがとうございます。応援してください。

エッセイ・随筆ランキング

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA