問題は勝手に解決する

大なり小なり、
問題を抱えていない人はいません。
早く解決したいと思って、
気持ちばかり焦り、
無力な自分に腹が立つ時があります。
でも、大丈夫!
私達は台本通りに行動しているキャラクターみたいなもの。

すべてのことは同時に発生しています。
会社に出かける自分も、
会社から帰ってきた自分も、
ベッドで寝ている自分も、
同時発生しています。
つまり、本当は時間は存在しないのです。
この世で起こっていることも同様。
すべては変化しながら存在しています。
あるいは、言い方を変えたら、
変化しているように見えているだけで、
実は何も変化していない。
変化しているように見えること自体が、
神様が作ったアートです。
私達の生涯は小説を呼んでいるようなもの。
学校に行ったり、
試験を受けたり、
台本通りに行動しています。
今、小説の30ページ目を読んでいるとして、
もう一度20ページを読み返すことはできるでしょう。
普通の小説と違うのは、
今読んでいるページよりももっと先の部分を
読むことができないところです。
主人公がものすごく弱っているページを読むと、
自分が主人公になったような気分になって、
ハラハラドキドキするでしょう。
でも、その主人公はあなたではないですよね。
つい、小説に巻き込まれてしまって
ドキドキしながら、
主人公と一緒に悩むわけです。
小説を閉じて、
フッと青い空を見ると、
我に返って、
あぁ、自分はストーリーに酔いしれていたんだなぁ、
と気づくわけです。
人間の人生もこれと同じで、
この世を去る時、
生きているということは夢を見ているようなものだなぁ、
と思うのではないか、と思うんです。
すべてはひとつ!
パーフェクトなひとつだけが存在します。
ストーリーに巻き込まれないで、
発生している問題を、
傍観していると、
自然に問題は解決します。
何もアクションを起こすな、
と言っているのではありません。
普通に生活し、
普通に問題解決の道を探したらいいのです。
すべてが一つから発生しているというワンネスの観点から
物事を見ることができたら、
同じような問題でも、
楽に難関を突破できるような気がします。
すべてはノンデュアリティー!

↓ いつもクリックしてくださってありがとうございます。応援してください。

エッセイ・随筆ランキング

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

ひとつの生命を生きる

次の記事

『大河の一滴』 BY 五木寛之