馬鹿らしいお金の使い方

こんにちは!
みなさまは、欲しいと思ったらすぐに買うほうですか?
それとも、じっくり考えてから決断するほうですか?
買った後で、「しまった!」と思ったことはありますか?
散財してしまうと、
気が付かないうちに膨大なお金を使ってしまうことになりかねません。
どうしたら無駄使いしないですむのでしょうか。

↓ いつもクリックしてくださってありがとうございます。応援してください。

エッセイ・随筆ランキング

 

買うべきか買わないべきかの判断基準

 お友達が持っているものや、テレビなどで宣伝している魅力的なものを見て、ほしいなぁ、と思った時、自分が生活している中で、そのものがどの程度自分にとって必要なのかを考えてみることが必要です。高価なものなのに、ほしいほしいほしい、と脳が叫んでいる時ほど慎重になったほうがいいです。
 私が以前買ったもので大型ごみに出す羽目になったものがあります。お店で展示品を使ってチャレンジしてから虜になり、どうしても欲しくて近くの店に入荷することを噂に聞くと、朝早く並んで買いました(恥笑)。両手でハンドルを持ち、両足で機械の上に立つと、両足間の幅が縮んだり広がったりする仕組みになっていて、電気式ではないので、その動作を自分の力でやらなければなりません。ものすごくしんどいエクササイズだけど、本当に太ももが細くなると思ったんですよ(笑)。最初は一生懸命やっていましたけど、そのうち、狭い部屋がよけいに狭く感じられるようになり、掃除のときも邪魔になって捨ててしまいました。これって、よくやってしまうパターンなんですよね。マッサージチェアとかもそうかもしれません。化粧品だってそうです。金額が高ければ高いほど、効果があると脳が変にマインドコントロールされていて、気が付いたら、わずか数カ月で10万円くらい使っていたりたりします。美容関係で高価なものや急激に人気が出たものは、消費者が効果があると錯覚しているだけの場合が多いですね。また、ブランドものをやたらと集めている人も散財していると思います。私もシャネルが好きだから人のことはいえないけど、、、、(苦笑)。しかし、最近やや熱が冷めてきたようで、ほしいと思っていたシャネルグッズを買っていません。必要性から考えると、欲しいものは特にシャネルじゃなくても他にもたくさん安いものがあります。じゃあ、なぜわざわざ高いシャネルと買うのか、という質問があれば、こう答えるでしょう。持っていると、なんとなく気分がいから、と。でもね、最近思うんですけど、私がシャネルを持っていようがいまいが、誰も見ていませんよ。うちの息子に、シャネルのマークを見せても、視力検査の時のマークが背中合わせになったようなマークだね、自分でマジックで描いちゃえばいいじゃん、なんでそんなのがほしいのかよく分からん、と言っていました(苦笑)。
 とにかくはまりそうになったら、ちょっと時間をおいてみるのもいいかもしれません。すでにもうはまっている人は、コスパを考え直したほうがよさそうです。世の中をよく観察してみると、大ブレイクしたものがずーっと続いていた試しはありません。

人間の欲望を煽る遊び

 もっとほしい、という人間の欲望を煽る代表的な遊びは、パチンコ、ホストクラブ、キャバクラ、ゲームです。ガッツリ儲けさせて喜ばせておいてから後で根こそぎゴッソリ取られるパチンコ。モテない心の寂しさを巧みな言葉のシャワーで慰めてくれるホストクラブやキャバクラ。もっとよい状況を作り上げようとひたすら課金を繰り返すことになるゲーム。もっと違う方法で寂しさを紛らわすこともできるでしょうに。
 これらの遊びで得られる満足はほんのちょっとの間だけです。パチンコで儲かった時は嬉しいでしょう。でも、もし、神様が、長年パチンコをやってきた人に、いままで負けた金額を一瞬のうちにはじき出して見せてあげたら、きっとその膨大な金額に卒倒するでしょうね。よくパチンコに行く人は、一回のパチンコで1~2万円は使うそうです。買ったり負けたりして、仮に平均して月に15,000円の損害を出し続けたら、年間18万円の損害です。これを10年やると、180万円の損害になるわけです。車が買えますよね。こういう人は家計簿なんて付けたことがない人が多いようです。だから、背中に砂の袋を背負って歩いている時、袋の底にあいた小さな穴に気が付かないんです。砂を地面にこぼしながら歩いているのです。ゲームもクレジットカードで課金すると、いくら使ったか分かりにくいでしょう。ホストクラブやキャバクラは1万円や2万円の金額では済まないと思うから、相当な散財になるでしょう。このようなお金の使い方をしている人は、今一度、いままでいくら使ったのか考えてみてください。それがあなたの趣味であるなら、そして、寂しさを紛らわす手段であるなら、他の趣味に変更することをお勧めします。パチンコでお金持ちになる人はいません。お金持ちになりたいのならセミナーに参加したり、ビジネスの本を買って自分の技術に磨きをかけることにお金を使ったほうがいいです。異性にもてない寂しさを紛らわすために夜の街に繰り出すのではなく、もっと自分のセンスを磨いたり、内面の美しさを求めて自己啓発の分野に力を入れるほうがいいです。ゲームに関しては、プロになってお金が稼げるようになる人は別として、ゲームの世界でどんなに自己実現しても、それは現実の自分には何の得にもならないことに気付きましょう。
 一時的な満足だけのために大金を使っていませんか? 蝶よ花よとほめたたえられても、キャバクラを出る時は虚しいでしょう。パチンコで大負けして空っぽになった財布をもって店を出るときの気分を繰り返すのはもうやめましょう。ゲームはゲームでしかありません。

 

 お金は私達の暮らしや心を豊かにしてくれる大発明です。間違った使い方を続けていると、お金に愛想をつかされてしまいます。お金は、大切に使ってくれる人が好きです。豊かな人生を送るために、無駄遣いを避け、人を幸せにするお金の使い方をしたいものです。ですから、今自分がはまっているものが、どういう商売の商品なのか今一度考えてみましょう。その場限りの儚い満足のために大量のお金を払っていませんか? 大富豪なら、刹那的な満足に大金を使ってもいいでしょう。今は、真の幸せとは何なのかを問われる時代なのかもしれません。

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA