続6・神様からのメッセージ

次に述べることは、
あなたをがっかりさせるかもしれません。
夢も希望もなくなるかもしれません。
それでも最後まで読んでください。
神様からのメッセージは、
本当の自分の姿を
発見できる可能性を秘めています。
本当のあなたは、
何事にも代えがたい
素晴らしい世界に住んでいます。
その世界を
ほんのちょっとだけでも、
垣間見ることができたら、
どんなに素敵でしょう。

<美しい世界に住むあなたへ>
どんなに努力しても
出来なかったことが、
ある日突然できることがある。
諦めて努力をやめていたのに。
なんの努力もなく、
突然できるのは不思議。
なぜか?
すべては、
自分でやっているように見えて、
実は自分でやっていることは、
何ひとつないのだ。
すべてがひとりでに起こっている。
引き寄せの法則なんてない。
あなたが引き寄せられるものは、
何一つないのだ。
しかし、
確かに、
引き寄せの法則が
働いているように見えることがある。
努力の成果として
ほしいものが手に入ったように見える。
それは、
そう見えているだけで、
欲しい物を
あなたが引き寄せているのではなくて、
欲しい物のほうが、
あなたの方に向かっているのだ。
風水とか、
占いとか、
引き寄せの法則とか
人間は
いろんな概念を作り出して、
幸せになりたいと思っている。
たとえば、
トイレ掃除や玄関の掃除で
金運アップとか、
いろんな幸せの法則を作りたがる。
そもそも、
幸福の定義とかは
人間が作った概念に過ぎない。
だから、
どんなに掃除をしても、
掃除と金運は無関係で、
掃除でお金持ちになるという考え方自体が変だ。
それでも、
ひとつ言えることは、
ピカピカのところで生活するのは、
気持ちがよい。
自分がよい気分で過ごせるようにすることが
一番大切。
お金がほしいから掃除をする人のところには、
いつまでたってもお金はやってこない。
すべては逆なのだ。
掃除をするから
お金持ちになるのではない。
お金持ちになることが決まっているから
掃除をしたくなるのだ。
この世は変化する世界だ。
いつまでも同じ状態は続かない。
どん底に落ちることもあれば、
至福の幸福を味わう時もある。
どんな状況下にあっても、
降りかかってくる変化に
身を任せ、
生きていることを
全身全霊で味わう。
それが、
私達がこの世に生きている意味だ。
生きていること自体がすべてなのだ。
悲しみ、
泣き叫び、
喜びに魂を震わせ、
すべての瞬間を
味わう。
すべては
ノンデュアリティー。
叡智は
幸不幸を完全に超えている。
私達は永遠の叡智そのもの。
故郷は、
その背中で
私達を見守っている。
手を伸ばせば、
すぐに触れられるくらい近くで、
いつも私達を見ている。
苦しい時は、
良い変化への前触れで、
楽しい時こそ、
次の瞬間への覚悟を決める時。
いつも目覚めていなさい。
すべては、
ノンデュアリティーだと。
神様には、
神様が存在する世界を
表現する言葉がない。
そもそも、
言葉で表現すること自体が不可能。
せめて、
当たり前の言葉で表現するなら、
人間の目では
絶対に確認できないほどの
無数の色や光で満ち溢れ、
平和と静謐に包まれた世界。
この世のすべてを失っても
手に入れたい世界である。
私達は、
いつかは、
全てを失い、
全てを手に入れるのだ。

広島・縮景園・12月某日

↓ いつもクリックしてくださってありがとうございます。応援してください。

エッセイ・随筆ランキング






Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA