Description of my impressions “THE OPEN SECRET”・オープン・シークレット感想文

Hello. Everyone! Today I will feedback about “The OPEN SECRET”  by Tony Parsons. Non-duality that Naho-Owada says in her book writes in more detail in this book. I think this book is excellent in that our brain can understand:  we could not understand it completely. I’m one of those who couldn’t understand well. I wish I could have an experience that all is vanity.  They say that the more we wish, the less experience that all is vanity we have. But if you are suffered terribly without any escape at the dead-end, this book might be a ray of hope.

みなさま、こんにちは! 今日は、トニー・パーソンズ氏の『オープン・シークレット』の感想文を書こうと思います。アマゾンでキンドル版を買いました。以前紹介した大和田菜穂さんの本の中に書かれていたノンデュアリティーについてさらに分かりやすく書いてあります。しかしながら、脳が理解する、という点においては優れた本だと思いますが、実際に空体験をしていない人にとっては、本当の完全な理解には至らないでしょう。私も理解できない一人です。空体験できたらいいなぁ、と思いますが、そう思えば思うほどできないのだそうですよ。しかし、八方ふさがりで逃げ道もなく苦しんでいる人には一筋の光のような本かもしれません。

人々が探し求めているもの

トニー氏は、真の幸せとは何か、ということについて考え続け、いろんな経験をしました。キリスト教徒になって自分の人生に意味づけをし、人生をもっと価値のある良いものにするためには多くの知識、多くの時間が必要であると信じていたのです。しかし、ある日、自分が探し求めているものは、物凄い努力や修行などによって獲得されるものではなく、すでに目の前にあって声をかければいつでも答えてくれるほど近くにあったということに気づいたのです。トニー氏が歩いていた時、「歩く」という行動そのものに集中すると、自分の存在が消えて、周囲の風景がとても新鮮なものに感じられたというのです。言葉を使って言い表すことができないほど素晴らしい体験をしたといいます。一歩、また一歩と歩くたびに足にかかる圧力が毎回違い、草を踏む感触も毎回違う。彼は、体に触れる風も感じていたかもしれません。そのひとつひとつの体験そのものが探し求めていたすべてなのです。こんな話を聞いても、なんでそんなものがなぜ「すべて」なの? と思うでしょう。しかし、私の胸には響くものがありました。書いてあることは意味不明な事なんですが、一元性(ワンネス)の重大な神秘が隠されているような気がします。

What people are searching for

Mr. Tony was thinking about real happiness and had various experiences. He became a Christian and gave meaning to his life. He believed that lots of knowledge and time are required to make life worth and happy. However, one day, he noticed that what he was searching for was not got by tremendous effort or practices, but it exists next to him and so close to answering to him whenever he asks. When he was walking, he concentrated in his action, walking itself. Then his body disappeared, and he felt every scenery around him is so fresh. He says that he had too great experience for words. He noticed that every pressure on his foot and the feeling of stepping on grass is different every time he walked one step. He might have been feeling the wind touching his body. The very thing he was searching for is every single experience itself. You might think about why he was searching for such a thing. But there is something that resonates with me in his thought. I couldn’t understand it very well. However, I get the impression that something important mystery exists in Oneness.

「生」はそのままで美しい

トニー氏は、魂という言葉を使っていないのですが、私達すべてが自分では気が付かないうちに思っていることは、「家に帰りたい」ということらしいのです。「家」とは死後の世界のことで、この世のすべての物がいたるところで、「家」を思い出させようと誘っていると言うのです。これは自殺しろ、という意味ではなく、すべての存在はワンネスから発生していることを人間に知らせようとしているということです。私達は、~しなければならない、とか、~であるべきだ、とかいろんな思考を繰り返すけれど、どこかに行く必要もなく、何かになる必要もない。霊的にレベルアップするためにさらなる努力をする必要な無いのです。逆に努力すればするほど、悟りからは遠ざかるそうです。ですから、皮肉なことに、私がこんな本を読んで考え方を変えよう、とか、本当の悟りをゲットしよう、とか思えば思うほど、ワンネスの素晴らしい世界は見えなくなるわけです。なんというパラドックスなんでしょう。私達は存在しているだけで価値があるのです。トニー氏は、「生」はそれ自体が目的であり、我々が存在する理由は何もない、と言っています。それが「生」の美しさだと。

Life is as beautiful as it is.

Mr. Tony has not used the word soul. He says that hoping to go home is what we all are thinking unknowingly. Home is the world after death. He also says that everything in this world is trying to make us remember home everywhere. It does not mean “commit suicide” but informing humans that everything rises from Oneness. Even though we repeat our thought with the word must or should, we don’t have to go somewhere and become something important person. Much more effort is not required to revel up spiritually. The book tells us that the more we make an effort, the less we realize. Therefore, ironically, the more I read the book and try to change my mind or enlighten, the less I can experience the world of Oneness. What a paradox! We are worth just existing. Mr. Tony insists that being alive itself is the purpose for no reason. He says that life is beautiful.

大変だ! と思わなくなった

この本を読んで気が楽になりました。生きているといろんな苦悩が付きまとい、解決不可能だと頭を抱え込んでしまうことが起こります。ノンデュアリティーでは、起こることすべてがワンネスから発生している、ということなので、何が起こってもワンネスという無条件の愛に包まれている、と思えばいい、と感じるようになりました。しかし、私は悟りをゲットしたわけでもないし、ワンネスを観たこともありません。自分の身に降りかかったことをすべてワンネスの愛として受け入れることはできませんが、善も悪も時間さえも超越した世界があるとしたら、人間が苦しみから救われる道が開けるのではないか、と期待します。何かを受け入れる、といっても限界があります。今、津波が起こって家が流されいるのに、ワンネスの愛が、この津波を起こしている、なんてことを言う人はいないでしょう。ワンネスを人間の頭で完全に理解するのは不可能でしょう。ほんのちょっとでも、ワンネスのすばらしさを観ることができたら、素敵だろうな、と思います。

I ceased to say, “Oh no, what should I do?”

This book made me feel relieved. While we are living, we encounter various worry, which seems to be impossible to be solved, and we put our heads in our hands. According to Non-duality, all things we have come from Oneness, so I came to think we all are surrounded by unconditional love called Oneness whatever I encounter. However, I have never enlightened nor watched Oneness. I couldn’t admit that everything I experienced is all love of Oneness, but if there is a world which transcends good, evil, and time, I hope that humans could find a way to save themselves from agony. There is a limit to accept something; nobody could say that it is the love of Oneness even though his or her home is carried off in Tsunami. Humans can’t understand Oneness. But how wonderful it is to feel Oneness for a little while!

自らの神聖な無力さを受け入れる

トニー氏は、自分のものだと呼べるような過去や未来は一度もあったことはないという。大学の卒業証書や国家資格の免許状などはどうだろうか。自分で努力した結果、自分の手元にあるのであって、一生懸命勉強した過去は自分のものであり、ライセンスを取ったおかげで明るい未来を自分で勝ち取った、と言えないのか? ノンデュアリティーによると、起こったことすべてがワンネスの表現であって、自分でやっているものなど何もないということらしいのです。そんなことを言われると、今、テストに合格するために一生懸命頑張っている人には夢も希望もないように見えます。しかし、一生懸命頑張るという行為自体もワンネスの表現なのです。逆にいうと、テストなんて落ちてもいいから頑張らない、というのもワンネスの表現です。じゃあ、ひき逃げして人を殺しても、ワンネスがやったんだから自分のせいじゃない、という極論をいう人もでてくると思います。私達は、人に迷惑をかけたらいけない、という教育を受けて成長してきました。人を殺したり、迷惑をかけたりするのは悪いことで、人に親切にしてあげることは善いことだ、と習ってきました。それが私達の脳の中にある普通の善悪です。しかし、ワンネスは善悪を超えた存在ですから、私達人間には理解不能です。トニー氏によると、ワンネスの無条件の愛の手に抱かれたとたんに、何も問題ではなくなる、と言っています。空体験が私にも起これば、ほんのちょっとだけでもワンネスを感じることができるかもしれません。

We accept sacred helplessness of ourselves.

Mr. Tony says that there is no past and future of his. What do you think of a graduation certificate of a university or national qualifications? Why don’t you say that you got them with your grate efforts and both glorious past and future are yours? According to Non-duality, all events are expressions of Oneness, and there is nothing that we are doing by ourselves. To hear that, a person who is making efforts to pass an examination seems to have neither dreams nor hopes. But, working hard itself is also an expression of Oneness. Conversely, it is also an expression of Oneness not to make efforts because he or she doesn’t mind failing an exam. And then, someone might say that I am not to blame, but due to Oneness even though I killed somebody in hit-and-runs. We have grown up with education; killing or bothering people is a bad thing. Being kind to people is a good thing. That is a common idea of good and evil in our brains. However, we couldn’t understand Oneness because it is beyond good and evil. But, Mr. Tony says that we don’t mind anything once the love of Oneness holds us with its hands. If I can have enlightenment, I might feel Oneness a little bit.

目の前の現象は全て完璧に中和されている

私達の世界は、相対の法則に支配されていて、肯定的な行為はそれと釣り合う正反対の行為によって寸分の狂いもなく相殺されている。つまり、人生をうまく切り抜けたい、とか、完璧を目指したい、という個人の試みはそれと正反対の行為によって中和されているらしい。私はお金持ちではありませんが、普通の家に住み、普通に学校を卒業し、普通にご飯を食べています。時々、嫌な事も起こりますが、死ぬようなひどい目には遭っていません。私の今のこの状況は、完全に中和された状態で存在しているということになります。寸分の狂いもなく、完璧に私にふさわしい生活がここにある、といえるでしょう。この考え方の中で、肯定的な行為とそれと正反対の行為とは何なのでしょうか? 非常に分かりにくい部分です。私の想像になりますが、肯定的な行為とは、何かになろうとしてポジティブに活動する行為のことかもしれません。私達は、自分がポジティブに行動しているように思っていても、ポジティブな行為を打ち消すような行為を知らす知らずのうちににやっているのかもしれません。一応ポジティブだけど、大丈夫かなあぁ~、疑問だなぁ~、というポジティブとは正反対の思考によって、ポジティブな行為をネガティブな思考で中和させているのかもしれません。

All phenomenon in front of us completely neutralized.

The law of relative controls our world; positive behaviors are offset perfectly by complete opposite actions. In other words, all personal attempts neutralize with the complete opposite actions: I want to get through life well. I want to strive to be perfect. I am not rich, but I live in a house, eat food, and graduated from the school generally. I have a terrible experience sometimes, but I have not experienced so serious an event that I might die. It follows that my situation now neutralizes perfectly. I can say that my life is perfectly suitable for me. What are the positive behaviors or opposite actions? It is the part that we have a hard time to understand. I think that positive behaviors might be the actions to become someone desperately. Even though we think that we act positively, we might have the actions that spoil positive behaviors without knowing. We might neutralize the positive behaviors with the opposite thoughts: I am wondering if it is OK? I doubt it.

四面楚歌状態で、助け船を見つけられそうもない、と思っているあなたに、この一冊がやすらぎを与えてくれるかもしれません。チャンスがあれば是非読んてみてほしいです。

This book might give peace to you who are surrounded by enemies on all sides and cannot find any help. If you have a chance, I do want you to read this book.

↓ いつもクリックしてくださってありがとうございます。応援してください。
↓ Please click here. Thank you very much for your continuous support.


エッセイ・随筆ランキング



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA