Look who’s Winning the U.S. Trade War  徳するのは誰?

Hi! Friends. How are things with you? Today, let’s check counties that stand to benefit due to Trade War. When someone turns a loss, someone gain. How interesting World Economics is! What do you think is the best way U.S. should take? I translated the Bloom berg article written by Noah Smith into Japanese.

写真引用元

Third countries such as Vietnam stand to benefit as production leaves China.

Most people seem to think of trade as happening between only two countries. If tariffs reduce U.S. imports from China, many — including President Donald Trump – seem to assume that the affected industries will move production to the U.S. But that’s not how things work, which is why other countries might actually benefit from the U.S.-China trade war.

Trade happens among a large network of countries, and this is even more true in the modern economy of fragmented global supply chains. Economists have long understood that in such a network, some countries could actually benefit from a reduction in trade between others – a phenomenon known as trade diversion. Thus, U.S. tariffs on China are probably helping some third counties, as industries that used to export from China to the U.S. shift their production facilities elsewhere.

One candidate is Vietnam. With a relatively well-educated population, low wages, and government support for industry, Vietnam has many of the that China enjoyed 20 years ago. Foreign direct investment in Vietnam has been increasing steadily for years, as multinational companies shift some of their production out of China to avoid rapidly increasing costs and to diversify their production bases.

Economist Brad Setser at the Council on Foreign Relations believes that the US. China trade war is already accelerating Vietnam’s growth. Although the overall U.S.-China trade deficit hasn’t budged much since the conflict began – imports from China and exports to China have both fallen – the deficit in manufactured goods has shrunk a bit in recent months. And as U.S. imports from China fall, those from Vietnam are skyrocketing.

Attacking Vietnam over trade would be misguided, First of all, launching trade wars against country after country, in the hopes of eventually driving production to U.S. shores, is like playing a game of whack-a-mole. Instead, the government should accept that labor-intensive manufacturing is never coming back to the U.S., ant that manufacturing supremacy can be achieved only through extensive automation – a field in which the U.S. lagsother advanced nations.

Another reason not to crack down on Vietnam, or on other low-wage production bases, is that they really need the business. Countries that are focused on boosting labor-intensive manufacturing, like Vietnam, Bangladesh, and Ethiopia, tend to be much poorer than China.

In these countries, much of the populace struggles to merely put food on the table and maintain adequate shelter and sanitation. Manufacturing is their best hope for escaping this penury. It provides mass employment, and even more importantly it initiates a process of industrial learning and economic diversification.

By allowing Vietnam and other low-wage manufacturing countries to run trade surpluses, the U.S. reduces risk for those countries’ entrepreneurs, assuring them that there will essentially always be market for their goods. That boosts investment, which is far more powerful of a poverty-reducing force than any foreign aid, development assistance or governmental loans. The U.S. owes the developing world the favor of overlooking their trade surpluses and currency manipulation until their citizens have escaped absolute poverty.

Humanitarian concerns aside, the U.S. also has geopolitical reasons to help build up the economies of Vietnam and other poor Asian countries. Its chief rival in the region, China, has become increasingly assertive in claiming the South China Sea as its own. These claims put China in direct conflict with Vietnam, the Philippines and Indonesia. Right now, those countries are too economically and technologically weak to resist Chinese encroachment. But if their economies are allowed and encouraged to grow, that may change. By shifting manufacturing activity from China to its Southeast Asian allies and potential allies, the U.S. can blunt Chinese in the region.

So U.S. authorities shouldn’t worry about manufacturing activity moving from China to Vietnam and other low-wage countries. Punishing one country after another in the hope that some low-wage manufacturing jobs will eventually make their way to Ohio or Michigan is a losing game. Instead, the U.S. should focus on high-productivity automated manufacturing, and let Vietnam and the others take the labor-intensive stuff.

 

↓ Please click here. Thank you very much for your continuous support.

エッセイ・随筆ランキング

 

💗💗💗💗💗💗💗💗 日本語 in Japanese 💗💗💗💗💗💗💗💗

米中貿易戦争で恩恵を受けているのは誰だ?

みなさま、こんにちは! いかがお過ごしですか? 今日は、米中貿易摩擦で恩恵を受けている国をチェックしてみましょう。世界の経済って面白いですよ! 誰かが損すると、誰かが得するんだなぁ。アメリカが取るべき最善策ってなんだと思います? Noah Smith氏のブルームバーグの記事を日本語に翻訳してみました。

写真①

ベトナムのような第三国が生産面で中国を置き去りにして恩恵を受けている。

ほとんどの人は貿易戦争が二つの国だけで起こっていると思っているようだ。もし、中国からのアメリカの輸入で関税が減れば、ドナルド・トランプ大統領を含む多くの人が、影響を受ける産業分野においてはその製造拠点をアメリカに移動すると想定するだろう。しかし、物事はそううまくはいかない。だからこそ、他の国々は実際に米中戦争で儲けているのだ。

貿易とは国を結ぶ膨大なネットワークの中で起こるのだ。これは、細分化されたグローバルなサプライチェーンにおける現代の経済ではなおさらのことである。エコノミスト達は、そのようなネットワークでは、一部の国々が実際に多国間の貿易問題から恩恵を受けうるということを昔から知っていた。貿易転換として知られている現象だ。このように、かつて中国からアメリカに輸出していた産業が他の施設に産業施設を移転したため、中国に課されたアメリカの関税は、おそらく第三国にとっては得をすることとなったのだ。

恩恵を受けている国のひとつはベトナムです。比較的教育水中の高い人口、安い賃金、そして、政府による産業支援により、ベトナムは20年前に中国が享受していた有益な点を甘受しているのだ。ベトナムへの海外からの投資は着実に増加している。これは、多国籍企業が、急増するコストを回避し、産業拠点を多様化するために、一部の生産を中国から外しているためだ。

外交評議会の経済学者ブラッド・セッサーは、米中貿易戦争はすでにベトナムの成長を加速させていると考えている。紛争が始まって以来、全体的な米中貿易赤字はそれほど解決しているとは言えないが(中国からの輸入と中国への輸出の両方が両方とも減っている)、製造品の赤字はここ数カ月で少し縮小している。また、中国からの米国への輸入が減少するにつれて、ベトナムからの輸入は急増している。

貿易に関してベトナムを攻撃すると間違った道を歩むことになる。まず第一に、アメリカ国内に生産を推進することを期待して、国から国へと貿易戦争をしかけることは、もぐらたたきゲームをしているようなものだ。どうしてもそうしたいのなら、アメリカ政府は次のことを受け止めるべきだ。つまり、人手を必要とする製造業は二度とアメリカには戻ってこないこと、製造業を支配するのは対規模な自動化(米国が他の先進国より遅れている分野)によってのみ達成されることをアメリカは自覚すべきなのだ。

ベトナムや他の低賃金の生産拠点に取り締まりをしないもう一つの理由は、彼らが本当に仕事を必要としているからだ。ベトナム、バングラデシュ、エチオピアなど、労働集約型製造の拡大に力を入れている国は、中国よりはるかに貧しい傾向にある。

これらの国々では、大部分の人々が、食卓に食べ物を置き、十分な非難場所と衛生設備を維持することだけで精一杯である。製造業は、この極貧状態から脱出する最善の策なのだ。製造業は大量雇用を提供し、さらにもっと重要なのは、産業学習と経済的多様化のプロセスの先駆けとなる。

ベトナムと他の低賃金の製造国が貿易黒字になることを容認することによって、米国は、それらの国の企業家のリスクを減らし、彼らの商品のための市場が本質的に常に存在することを保証している。そうすることで投資が後押しされ、どんな海外援助よりも、どんな政府融資よりも、はるかに貧困から脱出するための強烈なパワーになる。米国は、途上国の市民が貧困を脱出するまで、貿易黒字と通貨操作を大目に見てあげる義務がある。

人道的な懸念はさておき、米国はベトナムや他の貧しいアジア諸国の経済を築き上げるのを助けるのに地政学的な理由を持っている。この地域の主なライバルである中国は、南シナ海を自国の領土だと主張することでますます主張を強めている。これらの主張がもとになって、中国は、ベトナム、フィリピン、そしてインドネシアと直接的にもめているのである。今のところ、これらの国々は中国の侵害に抵抗するには経済的にも技術的にも弱い。しかし、彼らの経済力がアップすれば、事態は変わるかもしれない。製造活動を中国から東南アジアの同盟国および潜在的な同盟国にシフトすることによって、米国はこの地域における中国の支配を鈍らせることができる。

そのため、米国当局は、製造活動が中国からベトナムや他の低賃金国に移行することについては心配するべきではない。いくつかの製造業の低賃金の仕事が最終的にオハイオ州やミシガン州に行くことを期待して次々と国に罰を与えるのは負けゲームだ。その代りに、米国は高い製造性のあるオートメーションに焦点を当てて、ベトナムや他の国々に労働集約的な仕事をさせるべきです。

↓ いつもクリックしてくださってありがとうございます。応援してください。


エッセイ・随筆ランキング



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA