シンデレラ物語 リメイク版(意地の悪いシンデレラ)

みなさま、こんにちは! お茶目でちょっと意地の悪いシンデレラはいかがですか? あの有名なシンデレラ物語の中のお父さんの影が薄すぎると思いません? どうしてあんな意地の悪い女と再婚して娘のシンデレラを苦しめたんでしょうね? この問題を解決すべく物語を書き換えてみました。

あたしの名前はシンデレラ。お父さんはうまく未亡人のトレメイン夫人と再婚したよ。連れ子のアナスタシアとドリゼラはとっても意地の悪い姉達で、すっごく厄介だった。なんせ、二人は大金持ちのお嬢様だからね。好きなものは何でも買ってもらえるし、わがまま放題に育ったみたい。あたしは、あの姉達ほどの不細工な顔を見たことがない。どんなに着飾っても奴らは、ブタとゴボウだね。あっ、これじゃ説明不足だわ。アナスタシアの方が豚ね。自分の体をまったく把握していないんだよ、あいつは! だいたいね、あの体は5Lだよ。それでもってLのTシャツを着た日にゃ、Tシャツに肉が食い込んで、シャツが悲鳴をあげてたね。みっともないったらありゃしない。ドリゼラはゴボウだ。体は細いんだけど、すべてが細い。顔のパーツもすべて点と線だけでできているような感じ。シャープなカミソリでスーッと切ったような細い目。五寸釘で打ち付けてグリグリしたような大きな鼻の穴。唇はほどんどない。その口に真っ赤な口紅を塗るもんだから、あれはもう人間の顔とはかけ離れているね。

 

トレメイン夫人はお父さんに夢中だった。私とお父さんの作戦通りに事が運んだ。トレメイン夫人はある貿易会社の社長で、年商数十億という大富豪だ。なのに、自分の家族、つまり、自分の娘達だけにいろんなものを買い与え、他人にはあまりよい待遇を与えなかった。何千人もの従業員を雇っていたが、残業代は出さない、交通費もけちる、ちょっと気に入らなかったらすぐに首にする、と言った具合に猛烈な暴君ぶりを見せていた。それでも、父には夢中で、なんでもほしい物を与えた。夫人は、私のことはもちろん、自分の娘のことも目に入らないほど父にゾッコンだった。

 

たっぷりあったハチミツは、たった一匹の小さなアリンコに少しずつ吸い取られていった。吸い取られたハチミツは徐々にあたしの胃袋も満足させていった。父もあたしもミツを隠していましたから、アナスタシアもドリゼラも気が付かなかったみたい。あたしは、いつも汚い服を着て、姉達の部屋を掃除したり、彼女達の持ち物を整理していたわ。まるでお手伝いさんみたいにね。父もあたしもとっても弱い立場を演出していた。いじめられている振りをするのってけっこう面白いね。父もあたしも、本当は悪魔なのに天使のような顔をしていたわけよ。完全に騙されている奴らの顔を見るのはたまらなく面白かったよ。ある日のこと、ドリゼラに「何度言ったら分かるの!」と怒られたわ。あたしは泣いて謝って、さらに膝まずいて土下座までした。ドリゼラはあたしの頭を思いっきり踏みつけて「もっと深く頭をさげなよ!」と言ったわ。「お姉さま、本当にごめんなさい」と、もっと大きな声で泣いたわ。わざと同じ失敗を繰り返してお前を困らせてやっているのが分からないのか! このゴボウ面めが! またある時は、アナスタシアが、大学の試験勉強をするのにドリゼラから借りたノートがないと言って、あたしの整理整頓がなってない、と猛烈にあたしを攻撃してきた。「ドリゼラ姉さんにお返しになったんじゃないの? あたしドリゼラ姉さんの部屋でそのノートを見たわよ」とウソをついた。実はあたしが火をつけて焼いてやったんだよ。あはは! もちろん、あたしのアリバイもでっちあげておいたわ。完全犯罪よ。その後のアナスタシアとドリゼラの喧嘩は最高に面白かったわ。髪をひっつかんで振り回すわ、テーブルで頭を殴り合うわ、あたしは笑いをこらえるのに必死だった。だってね、ゴボウのヤツ、細いからブタにひっつかまれたらひとたまりもないわけだ。もう血だらけになって大乱闘! うひゃひゃ、楽しい!

 

そして、問題の日がやってきた。皆さんもよくご存じの舞踏会です。トレメイン夫人は王様ともお付き合いがあって、よく舞踏会に招待されていた。父はきれいに着飾って夫人と娘二人と舞踏会に参加した。物語にあったように、あたしは家でお留守番。魔法使いのおばあさんなんてきませんよ。父とあたしの計画通り、あたしを迎えに来たのは王子様自身だった。トレメイン夫人が王様のお城に招待されるたびに、父があたしのことを王子様に話し、写真や動画を見せてキューピッド役になってくれたのよ。王子様とあたしが付き合うようになってもう半年がたったわ。何も知らないのは、トレメイン夫人とあの汚い姉達だけ。王様も王妃様もあたしを気に入ってくれていてお妃として迎えてくれることになっている。

 

父は、トレメイン夫人の会社をうまく買収し、あたしは王子様をゲット! 父とあたしの計画は、みごとな成功をおさめたわけです。アナスタシアやドリゼラよりも、あたしのほうが何枚もウワテだったことがお分かり? 世の中、意地が悪いくらいじゃないと生き残れないのよ。清く、正しく、美しく、だなんてことを言っているあなた! ずるく、賢く、したたかに、生きましょうよ。えへへ^^

 

↓ いつもクリックしてくださってありがとうございます。応援してください。


エッセイ・随筆ランキング



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA