選択に迷った時は、難しそうな方を選らぶ!

あけましておめでとうございます。
相変わらず寒いですね。いかがお過ごしですか?
昨日は、我家では決起パーティーをやっていました。
今までなかなか踏ん切りがつかなかったことを、
今年は、家族みんなで非常な勇気を振り絞って
挑戦してみようと思っています。
本年も、どうぞよろしくお願いします。

↓ いつもクリックありがとうございます。応援してください。


エッセイ・随筆ランキング

★ 新しいドメインゲット! 人を幸せにするサイトは人気がある💛

選択に迷った時

人生は選択の連続だ。
二者択一を迫られることがよくある。
どちらを選んでも、怖い!
ひたすら怖い!
でも、何もアクションを起こさなければ、
何も変わらない。
ただ、ただ、我慢を強いられるだけ。
我慢し過ぎて精神を破壊されそうだ。
でも、アクションを起こしたら、
物凄いしっぺい返しが来るかもしれない。
下手をすると、大怪我をするかもしれない。
人間界は、一寸先は闇である。
どういう結果が待っているのか、
誰にも分からない。
私はアクションを起こすことにした。
我慢にも限界があって、
もうこれ以上、神経が持たないと思ったからだ。
とてつもなく怖い目に遭うかもしれないけれど、
それでも、アクションを起こす気になったのは、
私は間違ったことをしていない、という自信があるからだ。

 腐ったみかん

ダンボールの中にたくさんのみかん。
ひとつだけ腐ったみかんがあると、
その隣のみかんが真っ先に腐り始める。
腐ったみかんを正常なみかんにすることはできない。
私は、腐ったみかんを捨てることにした。
そう、隣にいるみかんが私だから。
私が腐る前に、隣のみかんを捨てる。
何もしなければ、私は腐ってしまう。
決断は早ければ早いほどよい。

↓ いつもクリックありがとうございます。応援してください。


エッセイ・随筆ランキング

★ 新しいドメインゲット! 人を幸せにするサイトは人気がある💛

社会的ルールの守れない人達

人間界において、
人は一定のルールを守って生活している。
人は他人の権利や物を侵害してはならないのだ。
しかし、妖怪のような人間がいて、
平気で他人の権利を侵害し、
法的罰を受けることなく、
平然と生きている人達がいる。
そして、泣き寝入りしている人達がいる。
こんな時、人間界のルールを握りしめて戦うのだ。
ルールは生きている。
ルールを守らない人は、
この世では生きていけないようになっている。

冬の青空

朝がきた。
今日も一日、良い日でありますように。
真っ白な息を吐きながら、空を見上げる。
研ぎ澄まされた青い空は、無言で私を見つめている。
手を伸ばせば、届きそうなほど私は空の青に包まれる。
息を吸い込むと、冷たい空気と一緒に、空が体に流れ込む。
私の体と空の間に隙間がなくなってしまいそうだ。
私の体は解けて、空と一つになっていく。
冬の空は、どこまでも暖かい。

↓ いつもクリックありがとうございます。応援してください。


エッセイ・随筆ランキング

★ 新しいドメインゲット! 人を幸せにするサイトは人気がある💛

全てが愛おしい

庭の木々、土、鳥、石ころ。
ずべてが、凍りつく寒い夜を過ごし、朝を迎えた。
木々の葉に触れてみる。
力を入れると、パリパリと割れてしまいそうなほど、冷たい。
それでも、木々も葉も、確かに生きている。
木も、草も、石も、文句も言わずに、そこにいる。
どんなに凍てつく夜も、何も言わずに、そこにいる。
清く、正しく、強く、そこにいる。
全てが愛おしい。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

天は自ら助くる者を助く

人はピンチになればなるほど一生懸命になる。
ピンチはチャンスだ。
何とかしよう、いや、何とかしなければならない、と人は思う。
その危機感があなたの中の神を呼び覚ます。
火事場の馬鹿力が発動。
常識を覆す底力がそこにある。
一生懸命にやるのだ!
信じた道を突っ走れ!
自分の中の神を信じるのだ。
一生懸命な人を神は絶対に見捨てない。

冬の太陽

凍ったアスファルトがテラテラと光っている。
冷たい冬の太陽が尖った光を投げかける。
少しずつ、少しずつ、氷が解けていく。
やがて乾いた道が日の光を浴び始める。
まるで、春の道のようだ。
今年も私の進む道が与えられる。
その道を信じて生きて行こう。

↓ いつもクリックありがとうございます。応援してください。


エッセイ・随筆ランキング





Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次の記事

アキラ 100%、失敗!