英語で哲学を読む① A new earth by Eckhart Tolle

今日は、私の愛読書 A NEW EARTH by Eckhart Tolle を紹介したいと思います。

多くの宗教は、人間界を「苦」「不満」「惨めさ」
という言葉で表現しています。人間のそんな意識が
世界を不幸にしているのかもしれません。



OUR INHERITED DYSFUNCTION

If we look more deeply into humanity’s ancient
religions and spiritual traditions, we will find that
underneath the many surface differences there
are two core insights that most of them agree on.
The words they use to describe those insights differ,
yet they all point to a twofold fundamental truth.
The first part of this truth is the realization that the
“normal” state of mind of most human beings
contains a strong element of what we might call
dysfunction or even madness. Certain teachings at
the heart of Hinduism perhaps come closest to seeing
this dysfunction as a form of collective mental illness.
They call it maya, the veil of delusion. Ramana Maharshi,
one the greatest Indian sages, bluntly states:
“The mind is maya.”

 

★ ガッツ! 続けているともう半年後に素敵なことが起こる!

 

↓ いつもクリックありがとうございます。応援してください。


エッセイ・随筆ランキング

Buddhism uses different terms. According to the Buddha,
the human mind in its normal state generates dukkha,
which can be translated as suffering, unsatisfactoriness,
or just plain misery. He sees it as a characteristic of the
human condition. Wherever you go, whatever you do,
says the Buddha, you will encounter dukka, and it will
manifest in eveyy situation sooner or later.




★ ガッツ! 続けているともう半年後に素敵なことが起こる!

According to Christian teachings, the normal collective
state of humanity is one of  “original sin.”  Sin is a word
that has been greatly misunderstood and misinterpreted.
Literally translated from the ancient Greek in which the
New Testament was written, to sin means to miss the mark,
as an archer who misses the target, so to sin means to miss
the point of human existence. It means to live unskillfully,
blindly, and thus to suffer and cause suffering. Again,
the term, stripped of its cultural baggage and
misinterpretaions, points to the dysfunction inherent
in the human condition.

 

↓ いつもクリックありがとうございます。応援してください。


エッセイ・随筆ランキング

The achievements of humanity are impressive and
undeniable. We have created sublime words of music,
literature, painting, architecture, and sculpture. More
recently, science and technology have brought about
radical changes in the way we live and have enabled
us to do and create things that would have been
considered miraculous even two hundred years ago.
No doubt: The human mind is highly intelligent.
Yet its very intelligence is tainted by madness. Science
and technology have magnified the destructive impact
that the dysfunction of the human mind has upon the
planet, other life-forms, and upon humans themselves.
That is why the history of the twentieth century is where
that dysfunction, that collective insanity, can be most
clearly recognized. A further factor is that this dysfunction
is actually intensifying and accelerating.

 



★ ガッツ! 続けているともう半年後に素敵なことが起こる!

 

↓ いつもクリックありがとうございます。応援してください。


エッセイ・随筆ランキング

科学技術

科学技術の発達は、私達を楽にするけれど、
人類を自滅の道に追い込んでいるように思う。
なんでも機械化されて、機会が人間の仕事
を奪っている。ホテルの予約にしても、
昔は事務員が電話で予約を取っていた。
今は、予約でも買い物でもインターネットの
時代だ。




個性がなくなる

今は、イラストを書くアプリもあるらしい。
動画編集だって、プロ級のド素人もいる。
こんなにも個性が薄くなっていく時代で、
私達は、何で勝負したらいいんだろう?
「あなたじゃないとダメです」と言って
もらえるような何かをもっていないとダメだね。
つまり、柳の下にドジョウは二匹いないということ。

集団の意識に取り込まれないように生きる

とても難しいことだけど、エックハルトさんが
言っているように、「機能不全状態」にある
人類の意識に飲み込まれないように生きていたい。
たいへんだ、たいへんだ、と騒ぎ立てると、
本当に大変な状態がやってくる。
道端に蛇がいても、棒切れが落ちている、
と思えば、スル―して通り過ぎることができる。

 

↓ いつもクリックありがとうございます。応援してください。


エッセイ・随筆ランキング

💛英語表現💛

あんた、人のこと言えるの?
(自分のことを棚に上げている人に言う)

→ Look who’s talking!

ヤツはしゃくだ!

→ He gets on my nerves.

なんだか、なじめない。うちとけない。なんとなく合わない。俺は怪しまれるぞ。

→ I smell a rat.

やっと借金返したぜ

→ I’m finally in the black.

全然高くないよ。(値段に対して)

It’s dirt cheap.



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA