嫌がらせをやめさせる方法

神仏

本当に逃げ場がなくなった時に、
神仏は強烈なパワーをくれるのかもしれない。
命にかかわるほど、危険な状態の中で、
誰一人として味方がいない時にこそ、
神も仏もそこにいるのだと思う。
神仏だけが味方だと信じる時、
不思議な事が起こるものだ。

 

↓ いつもクリックありがとうございます。応援してください。


エッセイ・随筆ランキング



★ 頑張ってブログやサイトを作っていると半年後に素敵なことが起こるかもしれません

エゴイスト

エゴイストが考えるのは自分のことだけ。
エゴイストには自分以外の人間のことを考える頭がない。
そもそも、彼らには「他人」という存在がないので、
周囲の人間はみんな離れていく。
自分以外の人間は「いない」と認識しているのだから仕方ない。
誰も近寄らなくなる。

 

↓ いつもクリックありがとうございます。応援してください。


エッセイ・随筆ランキング




★ 頑張ってブログやサイトを作っていると半年後に素敵なことが起こるかもしれません

目に見えないネットワーク

人間は共に生きている。
会ったことのない人ともみんなつながっている。
だから、自分さえよければいい、と考える自己中心的な人は、
この世では生きていくのが辛くなる。
いや、生きていけない。
それが人間界の掟だ。
自己中はやがて行き場を失うだろう。

 

↓ いつもクリックありがとうございます。応援してください。


エッセイ・随筆ランキング



★ 頑張ってブログやサイトを作っていると半年後に素敵なことが起こるかもしれません

嫌がらせをやめさせる方法

嫌がらせをする人は、常に嫌がらせの方法を考えている。
今度は、あーしてやろう、こーしてやろうと、考えているのだ。
仲間にも頼まなければならないし、作戦も練らなければならない。
御苦労なことだ。
嫌がらせをするのは大変なのだ。
ものすごくエネルギーを消耗する。
本当に御苦労なことだ。
次々と共謀してくれる人を探さなければならない。
時間もかかるし、手間暇かかる。
共謀してくれる人が少なければ、
知り合いの、そのまた知り合いの知り合いに頼む、
というふうに、
さらに手間暇がかかるようになる。
本当に御苦労なことだ。
この嫌がらせをやめさせてあがげる方法は、
徹底的に無視すること。
無視というよりも、もう一歩進んで、
相手の行為を雑音か風が吹いている音くらいに考えて、
全く気にならないようにしていると、
相手も、暖簾に腕押し、豆腐に鎹で、やる気がなくなる。
相手にしない、というよりも、存在すら認めないように
していると、嫌がらせは終わる。
相手はエネルギーを消耗して疲れてくる。
そして、自己中心的な人間は、そこにいられなくなるのだ。

 

↓ いつもクリックありがとうございます。応援してください。


エッセイ・随筆ランキング

 

★ 頑張ってブログやサイトを作っていると半年後に素敵なことが起こるかもしれません



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA