転職を繰り返している人のほうが味があっていいかも?

卒業してから、
一回も転職していない人がいる。
さらに、頑張って出世もしている。
それでもって、
頑張り屋さんだもんだから、
ただルーチン的に
仕事をやっている人に
腹が立つ人って、
どう思いますか?

ニューヨーク・タイムズスクエア

大学を卒業して、
よい会社に縁があり、
辞めないで、
何年も同じ会社で頑張るのって、
根性があるし、尊い事だと思う。

運良く、
自分に向いているところに
就職できたのかもしれないし、
上司と気が合ったのかもしれないし、
それこそ、
粘り強い根性が
あったのかもしれない。

しかし、
自分の尺度で人を
測るのは良くないと思う。
自分は、もっと出世して、
よい社員を育て上げることに、
向いているのかもしれない。

運悪く、
転職することになる人のほうが、
最近は多い。
特に資格がものを言う世界では、
ひと歳をとってから、
そーだなぁ、4歳過ぎてから
転職する人もいる。
その人達には、
出世の道はない。
同じ会社で
ずーっと頑張ってきた人が
出世するのであって、
中途採用の人が、
管理職につく可能性は少ない。

だから、ある人にとっては、
必要なお金をもらって、
ルーチン的に仕事をしてもいい、
と思う。
そのお給料で、
なんとか家族が養えて、
生活が成り立つ状態に
満足している人は
それでいいのです。

いい加減な仕事をしてもいい、
と言っているのではない。
与えられた職務を
間違えがないように
こなしていればいいと思う。

一か所しかお勤めしたことがない人は、
その世界しか知らない。
何度か転職した人は、
それだけ痛い目にあっている分、
人の気持ちが分かる人が
結構いる。

斯く斯くしかじかでないとダメだ、
という情熱の塊みたいな人は、
会社にとって大切な戦力になる、
と思う。

夢を叶えるために頑張る人は、
素敵です。
だけど、
家族のために頑張る人も、
素敵な人なんですよ。

私はかなり転職したのですが、
家族を養っている男の人は
たいしたもんだなぁ、
と、いつも感心していました。
とんでもない仕事でも、
どんなに嫌いな人がいても、
家族の生活を守るために、
一生懸命働くのです。

だから、
仕事に対する思いって、
みんな違っていいのです。
人生の中で
何に重点を置くかは、
その人の自由です。

お山の大将になっている方、
世の中、いろんな人がいます。
あなたは、他の誰かではないし、
他の誰かは、あなたではない。
自分の尺度が
大抵の人に当てはまる、
という幻想は捨てた方がいい。

 ↓ いつもクリックしてくださってありがとうございます。応援してください。

エッセイ・随筆ランキング

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA