厚かましく、鈍感に生きる

生活が苦しくなると、
大概、人間関係が悪くなる。
細かいことを気にしないで、
鈍感になるほうがいい。
ふてぶてしく
厚かましく生きるのだ。

お金に困っていると、
本当に人間関係がギスギスしてくる。
心にゆとりがなくなる。
最近は、お給料が上がらない上に、
物が高くなっているから、
不安とイライラを
誰かにぶつけたくなる人が多い。

こんなご時世ですから、
イライラ病に取りつかれている
と思われる人との接触は、
適度にして、
サラッと受け流すか、
鈍感になることをお勧めします。

鈍感になるというのは、
打たれ強くなるという意味ではなく、
気にならなくなるということです。
イライラして他人に当り散らかす人を
まったく気にしなくなる、
というのは神業だと
思いたくなりますよね。

というか、
そんなことは人間には無理だ、
と誰もが思うでしょう。
でもね、最近、そんな神業が
できるんじゃないかな、
と思うようになりました。

以前のブログで紹介したように、
我が家のすぐそばに
困った隣人がいます。
夜中に物凄い爆音を出したり、
家の中で激しく
何かを破壊している音がします。

我が家の前の道路は
いつもヤツラのパラダイス同然で、
やりたい放題!
自分の物は自分の物で、
他人の物も自分の物!

なんだか最近、
ヤツラが何をしようが、
気にならなくなりました。
その理由は分かりません。

私の頭の中にあるヤツラの姿が、
どんどん薄くなって、
消えそうになっています。

マックブックプロが我が家に届いてから、
明るい光がパァ~っと
広がっているようです。
新しい物を取り入れると、
自分や周囲の状況が
浄化されるような気がします。

↓ いつもクリックしてくださってありがとうございます。応援してください。

エッセイ・随筆ランキング

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA