辛さを忘れる方法

解決策が見つからず、
耐え忍んでいる時、
どんなに考えても、
よい考えが浮かばない時、
辛さから逃れる方法はありますか?
とても難しいけど、
諸行無常が理解できたら、
いいえ、たとえ理解できなくても、
できたような錯覚をしてください。
少しだけ楽になります。

すべてのものは諸行無常で
どんな物でも、
同じ状態を保つことはできません。
私達は、ひとつ、またひとつ、と、
何かを失って生きています。
年を取るにつれて、
美貌を失い、
友達も失い。
親も失い、
最後には
自分の命も失うのです。

だから、
今、必死に取り戻そうとしている
大切な物や人や事には、
生きていない物も含めて、
寿命があると思ったらいいのです。

いままで手元に
当たり前のようにあった物を
失った人は、
それは、そこまでの寿命だったんだ、
と思えば、少しだけ楽になるし、
気がまぎれるでしょう。

目の前にあるものが
見えなくなる、
無くす、
或は、使うことができなくなる、
という現象が起こったら、
手放す時が来たんだな、
と思って、
手放しましょう。

 ↓ いつもクリックしてくださってありがとうございます。応援してください。

エッセイ・随筆ランキング

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

隣人の腐った脳みそ NO3