願い事は諦めた頃に叶う

人生、思うようにならないことが多い。
隣の芝生が青く見えて、
自分はなんて不幸なんだと嘆く。
他人が簡単に手に入れられる物が、
自分にはなかなか手に入らない。

その場を脱出するしかないほど
誰も助けてくれる人がおらず、
周囲の人達が全員敵に見えてくる。
もう、ここから逃げよう、
と計画を立て始める。
つまり、現状を解決する方法がない、
と諦めた状態である。

逃げる、と決めたら、
肩の荷がスーッと軽くなる。
よーし、もうこことはオサラバだ、
と開き直って、逃げる準備を始める。
それは、退職であったり、引っ越しであったりする。
いろんなものをまとめて、よっしゃ!
と元気になりつつある時、
以外なところから強力な助人が現れたりする。

その場を去った場合に発生する大損害から免れる。
一瞬のうちに、悩みや問題が解決して、
明るい未来が遠くのほうで光り輝いている。
そんな経験をしたことがありますか?
諦めると、心にゆとりができるんじゃないですかね?

カリカリして腹を立てている時は、
その波動のお蔭で有益な人や物を
寄せ付けないような気がします。
さよなら、とゆったり構えて、
すべてを受け入れている時、
心にゆとりができて、
助人を引き寄せるような気がします。

でもね、諦める、という心境になるまでには、
辛い戦いを強いられてきたわけです。
戦いが辛ければ辛いほど、
簡単に諦められるのです。
あんなに頑張ったのに、
ダメってこともありだな。

心がスーッと楽になった時に、
思い描いていた状況がやってくるのかもしれない。
人生は神が与えた筋書き通りにいっている。

↓ いつもクリックしてくださってありがとうございます。応援してください。

エッセイ・随筆ランキング

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA