NHK放送事故_何度でも観たくなる名シーン

Scroll down. You can read in English.
お笑いタレントのなかやまきんに君のギャグの後、
アナウンサーの一橋氏が、笑いのツボにはまった。
最初の一秒でなんだか様子がおかしいとすぐに分かった。
次のニュースが言えず、
何とか持ちこたえようとして、
チラッとカメラ目線で苦し紛れの笑顔を作ったが、
あふれ出る笑いをこらえようもなく、
次のニュースを発表しながら笑っていた。

 様子がおかしいと思った音声係さんは、慌てて音声を切ったのでしょうね。途中から音声だけがカットされています。それでも、しばらくして、音声スタッフは大丈夫だと判断して音声を入れました。ちょうどいい感じで次のニュースに移れると思ったら、こらえようもない笑いが一橋氏を襲ったのです。

 滑りギャグの通じるアナウンサーとして歴史に残りますね。YouTubeの「色々な動画」をチャンネル登録させていただきました。このチャンネルを皆様も応援してあげてください。

↓ いつもクリックしてくださってありがとうございます。応援してください。

エッセイ・随筆ランキング

🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸

That is an NHK TV blunder that I want to watch repeatedly.

 After the gag that the comedian Nakayamakinniku tossed off, the NHK announcer Ichihashi cracked up. I noticed that he was acting strangely in one second. He couldn’t say anything about the following news. Holding back laughter, he managed to make a smile looking at the camera. But he couldn’t stop a burst of laughter. At last, he announced the following news with laughter.

 I guessed that the sound crew might notice the announcer Ithihashi acting weird and turned off the audio. Only the sound was breaking up on the way. Nevertheless, after a while, the sound crew might judge he was OK, announce the following news with a good feeling, and resume audio. However, uncontrolled laughter attacked him.

  Ichihashi will go down in history as the announcer that can understand the bombed gag, won’t he? I subscribed to the channel “Various videos 色々な動画” on YouTube. I will recommend this YouTube channel.

↓ I am participating in the Japanese blog ranking. Click here. I appreciate your continuous support.

エッセイ・随筆ランキング

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA