幸せのゴールを追い求める人達の末路

Scroll down. You can read in English.
人間界では幸福のゴールはない。
マイホームがあったらなぁ、
シャネルのスーツがほしいなぁ、
かっこいい彼氏がいたらなぁ、
億萬長者になって世界中を旅したい、
欲しい物を手に入れると、
ほんのちょっとの間だけ幸せになる。
そして、欲しい物は次々と現れ続ける。
永遠に欲望を満たすことはない。

 幸せの定義なるもの、神の存在、苦しみの乗りこえ方、など、幸せになるための探求をし続けるのが人間です。欲望はどこまでも広がってとどまるところを知りません。欲しい物をすぐに手に入れることができる大金持ちは、虚しさを感じ、同時に愛に飢えています。
 まじめに生きている人が損をして、人を利用するだけ利用して平気で人を切り捨てる鬼と、私達はいつも背中合わせ。どうすれば幸せになるのか、どうやって苦しみを乗りこえたらいいのか、そんなことを考えている暇があったら、コメダ珈琲に行って美味しいコーヒーやお菓子を食べた方がいい。私達人間に神を理解することはできません。ノンデュアリティー(非二元論)について書かれている本を読むと、私達人間はいつも神の無償の愛につつまれているらしい。目の前に展開していることは全て、私達が好むと好まざるに関係なく、パーフェクトな形で起こっていると言われています。しかし、このノンデュアリティーを語る人達が、一つだけ語らないことがあります。肉体も心も思いもすべて神の愛の表現だというのなら、戦争も、殺人も、イジメも、ぜーんぶ愛だということになります。目をそむけたくなるような殺人を「愛」だと言えるのは神だけです。どうして殺人すらも、神の愛だと言えるのですか? 誰か説明できる人はいますか? 人間の頭では神を理解することなんてできないのです。地面を這っている蟻が人間を理解できないように、私達は神を理解することはできません。すべての人は、この世を去る時に悟るのではないかと思います。ノンデュアリティーの書物の中で、宇宙エネルギーを「神」と呼ぶ人も、「エネルギー」と呼ぶ人もいます。神という言葉を使うと、ノンデュアリティーがもっと理解しにくくなるように思います。神は、悪を正し、善良な人間を守る、と、私達は子供の頃からマインドコントロールされていますから。不幸にして火事で焼け死んだ人を、神の計画通りの死に方をした、と言えますか? 言えないでしょう! それでも、私的には、「神」という言葉をあえて使いたいです。エネルギーという言葉よりも温かみがありますからね。不幸にして惨い死に方をした人も、神の愛に包まれて死んだ、と言える人は、たぶんこの世にはいないと思います。ネガティブな現象すべてを、神の愛だという説得力は言葉では役不足であり、私達の意識の深いところにある何か大きな存在だけが知っているような気がします。 
 幸せのゴールを追い求める人達は、死ぬまで幸せになるための探求を続けて、目の前に転がっている幸せな感覚に気付かないままあの世に行きます。私も含めて、ほとんどの人がそうなるような気がします。年を取るにつれて、人間は一つ、また一つと大切な物を失い、最後に命まで失い、全てを失った時に、「脳」では探し当てることができなかった宝に行きつくのかもしれません。ノンデュアリティーを、ほんの少しだけ感じることができたら、困難に出会っても動揺することなく、受け入れることができるような気がします。

↓ いつもクリックしてくださってありがとうございます。応援してください。

エッセイ・随筆ランキング

The end of people searching for the goal of happiness

There is no goal of happiness in the human world.
 I wish I had my home.
 I wish I were wearing Chanel’s coat.
 I wish I had a handsome boyfriend.
 Becoming a billionaire,
 I wish I could travel around the world
 After you get something that you want,
 you will be happy for a short time.
 The things you want to have would continue
 appealing one after another.
 You couldn’t satisfy your desires forever.

🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹 🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹

 “Definition of happiness,” “the existence of God,” “the way of overcoming suffering,” etc., human beings have been searching for happiness. Desire would spread out everywhere and never stop. The rich person who can get everything he wants feels the futility of life and is hungry for love.
 A person who lives seriously suffers a loss. And there are the devils using people as much as they like and have no issues firing employees. We are back to back with these devils. How could we be happy? How could we overcome suffering? If you have got much time to think about these silly things, you had better have delicious coffee and snack at the Komeda Coffee. We humans couldn’t understand God.Reading the books about non-duality, I hear that we humans are always embraced with unconditional love. Whether you like it or not, all happenings in front of us are happening perfectly. But there is one thing that people are talking about non-duality has never been spoken. If they say that our bodies, heart, and thoughts are all expressions of God’s love, it follows that wars, murders, bullying are also all God’s love. It is only God to say a murder that we cannot help but turn away is God’s love. Is there someone to explain that murder is God’s love? Our brain couldn’t understand God. An ant cannot understand humans any more than we can understand God. We couldn’t understand God. I imagine that all people would enlighten when they die. In the book about non-duality, some people call oneness “God,” others use the word “energy” for oneness. Using the word “God” might be difficult to understand God. Since we were children, we have been controlled by adults, said that God corrects evil and protects good people.  Could you say that a person who died in a fire, unfortunately, passed away as planned by God? We couldn’t speak that, could we? Nevertheless, I dare to use the word “God” because I feel that “God” expresses more warmth than “energy.” I think there is nobody in this world that can say people who passed away miserably died following God’s order full of God’s love. It is difficult to explain that all negative phenomenon is also God’s love in only language. Something huge in our deep consciousness knows everything. 
 People looking for the goal of happiness will continue searching until they die, and they will go to the next world not knowing the happiness scattering around them. Including me, almost all people might do the same thing. With the advance of age, people are losing essential things one by one and lose even life at the end of life. When we lose all, we might notice the treasure that we couldn’t find with our brain. If I can feel non-duality, I will not feel uneasy against the difficulty and accept it.

↓ I am participating in the Japanese blog ranking. Click here. I would appreciate your continuous support.
エッセイ・随筆ランキング

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA