あなたは「あなた」ではありません

生涯のうち一番厄介な存在は「自分」かもしれない。
嫌な出来事があると、家族や会社の同僚に当ったり、
自分の選択ミスのせいにして、
後悔から立ち上がれなくなったりする。
幸せになりたい。
どうしたら平穏無事に生きられるのか?
ハッピーな人生を生きるために、
人間の探求は止まらない。

 タイトルをみて、私のことを気が振れていると思った方もいらっしゃることでしょう。あなたは「あなた」ではない、えっ? 誰なの? 私は誰? 「あなた」は肉体を持ってこの世に生まれたあなたです。タイトルの最初に書いてあるあなたは、宇宙のエネルギーそのものです。
 私達は幸せを求めて探求し続ける旅人です。起こってほしい出来事も起こってほしくない出来事も起こるべくして起こるようにプログラムされています。多くの人は、自分の選択ミスによって失敗したものと信じて、違う方法を選ぶべきだったと後悔します。しかし後悔する必要はないのです。不愉快な出来事は起こるべくして起こっているのです。自分でコントロールしたり、選択できることは何もないのです。だから自分も他の人も誰も責める必要はない。よく耳にするのは、前世、あるいは今世で、悪いことをしたから、因果の法則で悪いことが起きた、という人がいます。AさんにイジメられているBさんが、前世でAさんをイジメていたから今世では、BさんがAさんにイジメられる羽目になった、という解釈を覆すと次のようになります。前世ではBさんがAさんをイジメていました。じゃあ、前々生は、AさんがBさんをイジメている解釈になりますよね。どこまで遡れば、最初の因縁がみつかるのでしょう? もしかしたら、今現在において、AさんがBさんをイジメるのが初めて起こった因縁かもしれません。最初にどこからこの悪因縁が起こったのか、誰にも分かりません。ずーっと遡っていくと、Aさんが生まれたからそうなった、地球があるからそうなった、宇宙があるからそうなった、と際限なく探っていって、結局は因縁なんてない、ということになります。ノンデュアリティーでは、人生は映画を見ているようなもので、すでにすべてが決まっていると言われています。本当にそう思えたら気楽になれませんか? 一心不乱に勉強しても希望の大学に入学できなかったり、好きな人と別れることになったり、すべての出来事はそのまんま、そこに投げ込まれた石のようなもの。努力は報われる、と言いたいけれど、思うようにならないのがこの世の現実。色々と悪戦苦闘しても思うようにならなかった人は少なくないと思います。そういう方はノンデュアリティー(非二元論)の本を読んでみてください。気が楽になります。あなたが選択したことや経験したことは、すべて完璧に正しいのです。そして、究極的には肉体を持っている「あなた」という存在はいないのですから、存在しない人が苦しむということはないのです。存在しないって言われても、頭を叩いてみると痛いし、息を止めると苦しい。肉体を持つ「あなた」は、自分を否定されるのが大嫌いです。エゴはどこまでも自分の正当性を主張します。しかし、私達は、本当の自分は何者なのか、潜在意識の深いところで知っているような気がします。さらにエゴは、これからどうなるのか、何歳まで生きて何歳でこの世を去るのか、全部知っているような気がします。つい最近、自分の両足を見ていると、不思議な感覚がやってきました。両足がただ単にそこにあって、それを見ている私が私自身ではないような奇妙な感覚でした。その奇妙な私はどこにいるのか分からないのですが、肉体の私ではなく、エネルギーの一部である私が両足を見ていたんです。ほんの一瞬の出来事でしたが、確かに、肉体の私以外の本来の私が存在するのだと思いました。
 究極的に私達人間は、宇宙の掟を理解しようとしても無理です。神の領域に足を踏み入れたら、ロクなことはありませんから。私達は宇宙からもらったエネルギーを使うために生まれてきたんじゃないですかね? このブログも私が書いているんじゃなくて、「書く」という行動が起こっているだけです。宇宙の掟を探求する暇があったら、Tully’sコーヒーで美味しいケーキとミルクティーを楽しんでいるほうがいいですね^^。

↓ いつもクリックしてくださってありがとうございます。応援してください。

エッセイ・随筆ランキング

You are not “You.”

The most troublesome person might be oneself. When they encounter an unpleasant event, they tend to find fault with their family members and a co-worker, or they blame their mistake for their choice. And they become unable to pull themselves out of their regret. Everybody wants to be happy. How can we live in peace? We humans couldn’t stop searching the way we are living happily,

🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸

 When you see the title, you might think that the blog author is crazy. You are not “You” What? Who are you? Who am I? “You” are the person who was born with your body on the Earth. You appeared first on the title is the universal energy itself.
  We are the travelers to search for happiness. Both the events we want to happen and the accidents we dislike are programmed to occur. Many people believe that they mistook due to their wrong choice, and they say, “I should have elected another way.” But, they don’t need to regret it. The unpleasant event was waiting to happen. There is nothing we can control or elect. So, we couldn’t blame anybody. I often hear because a human does something terrible in a previous life or at present, bad events happened to them according to the law of causality. Miss B being bullied by miss A was forcing Miss B in a previous life, so at present, Miss B ended up being caused by Miss A. Overturning this interpretation, it will be as follow. In an earlier life, Miss B was teasing Miss A. Then, in a pre-previous life, it follows that Miss A was bullying Miss B. How far should we go back to the past to find the first connection? Maybe, this situation: Miss A is forcing Miss B could be the first connection. Nobody knows the real first bud connection. If you go back all the way, it happened because Miss A was born, or because the Earth exists, or because the universe exists, etc. We would have to search for the actual cause, but we couldn’t find anything. It follows that there is no connection. According to Non-duality, life is similar to watching a movie. Everything we experience is already decided. If we can think this way, don’t you get relieved? You could not pass the university you want to go to even though you studied with all your heart. You would break up with your boyfriend or girlfriend. All happenings are like the stones throne there as they are. I want to say that the efforts are rewarded, but it is the reality that things never work out as you expect. There are not a few people who can’t do something even if they struggle. I recommend People that experienced the above reading Non-duality. You would feel relax. Your choice and experience are all quite right wholly. And because you with a body don’t exist ultimately, a person who doesn’t have a body would never suffer. You say that we don’t live, but I feel pain when we hit our heads, and it is painful to hold my breath. “You” with your body dislike being denied. Ego will insist on one’s legitimacy forever. But, I think that we have already known what is real ourselves in the deep subconsciousness. Moreover, Ego knows all: what will happen to us from now, how long we live, everything. Recently when I was watching my legs, I experienced the strange sense: portions exist there as they are. It was a weird feeling. My eyes watching legs is not mine. I didn’t know where the stranger without a body was,  but It was not me with a body, but part of the energy was watching the legs. It was like a flash. I am sure that the real me without a body do exist.
 We couldn’t understand the rule of the universe ultimately. It will just make the situation worse to step into God’s territory. Don’t you think that we were born to use the energy given from the universe? A person writing this blog is not me, but the action of writing happens. If you have time to search the rule of the universe, you had better enjoy a delicious cake and coffee.

↓ I am participating in the Japanese blog ranking. Click here. I would appreciate your continuous support.

エッセイ・随筆ランキング

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA