大学をやめたい人へ

大学を中退する人には、
いろんな理由があります。
親が授業料を払えなくなった、
病気になって極端に体力がない、
大学の授業がつまらない、
大学をやめて、やりたい事をやって生活したい、
などがあります。
やりたいことがある、
というのは立派に見えて
実は内容がスカスカだったりする。

起業したいという人は
現実から逃避したいだけで、
具体的な計画や調査が足りない人が多いようです。
会社を経営するというのは大変なことです。
大学を卒業してからでも遅くないと思います。
私学の大学の入学金は100万円前後くらいかかります。
学生をやりながら同時に起業するのもいいと思います。
大学を卒業しても、浪人していなければ、
22歳で卒業です。
19歳や20歳で起業するのも、
22歳、つまり、大学を卒業してから起業するのも、
たいした変わりはありません。
大学に行きたくても行けない人もたくさんいます。
折角与えられた大学での勉強を
アッサリ捨ててしまうのはもったいないです。
たとえ、自分の会社がうまくいって、
大企業へと発展しても、
肩書が高卒と大卒では印象が違います。
肩書なんて今からの社会では役に立たない、
と言う人が最近増えています。
しかし、将来的に、再び会社という組織に
お世話になりたくなった時、
大卒の肩書は大切だと思っていたほうが無難です。
どんな会社を作りたいのかにもよりますが、
少なくても、普通の会社に入社して
お給料としてもらえる金額を上回りたい
と思っている人が多いでしょう。
そこまでの金額をゲットしようと思えば、
相当な努力か、或は、ラッキーな運がなければ
そう簡単にお金儲けは成立しません。
ユーチューブを利用して、ある老女が
パチンコで儲けている姿をテレビでやっていました。
司会は確か和田アキ子さんだったと思います。
どのくらい稼いでいるのかという質問がありました。
老女は月に8000円くらいだと言っていました。
動画は100万回以上再生されているというのに!
誰かと似たようなことをやっていても、
相当な才能がない限り、
大勢の中のたった一人に過ぎません。
この人間界ではお金がなければ生活できません。
入ってくるお金がほぼ安定している道を
確保しつつ、好きなことを副業でやるのが理想です。
最近はネット界で普通の人が
一夜にして有名人になって稼ぎまくっています。
それを観て、
たくさんの人が私にも出来るかもしれない、
と勘違いしているのです。
この世に安定したものなどありませんが、
当分の間は無難であろうと思える仕事はあります。
若い人は特に、焦ったり、突拍子もない計画に
走らないほうが無難です。
楽しみにしていることは
計画を立てている、或は、練習している時のほうが、
夢が叶った時よりも楽しいものです。
私は京都が大好きです。
実際の旅行よりも、
旅行日程を考えているほうが楽しいように思います。
実際、旅行に行って計画通りに行動していると、
帰る日程が迫っている感じがとても切ないのです。
お母さん、お父さんが、一生懸命働いたお金で
あなたは大学に入学できたことを忘れないでください。
2年や3年くらい早く起業したからと言って、
そんなに大差はないケースが多いのではないでしょうか。
学生として学ぶという経験を大切にしましょう。

↓ いつもクリックしてくださってありがとうございます。応援してください。

エッセイ・随筆ランキング

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA