諦めると与えられるエネルギー

何かを捨てると身軽になるし楽になる。
私たちはできないことにエネルギーを使い、
やらなければならないことに使うエネルギーを
保持できないでいるのかもしれない。
できないことはカラッと忘れて、
エネルギーの流れを観察してみよう。

私が看護師をしていた時のことです。
夜勤のとき、ある患者さんが不眠を訴えて詰所に来られました。
睡眠薬を飲みたいけど、薬に頼りたくない、と。
「じゃあ、寝なくてもいいです。
朝まで起きていてください。
私たちナースと一緒に、
夜明けのコーヒーでも飲みましょうよ」
と言って差し上げました。
不眠で苦しんでいる患者さんに、
寝なくてもいいだなんて、
朝まで起きていろだなんて、
なんという過激なナースなんだろう、
と、怒られるかと思いましたが、
患者さんは、顔色がパーッと明るくなって、
「じゃあ、寝ないことにします。
朝、コーヒーを飲む時に呼んでください」
と言って病室に帰っていきました。
10分後に、各病室をラウンドしていると、
不眠の患者さんがいびきをかいて寝ていました。
諦めると解決する問題もあるんだなぁ、
と、当時のことを思い出します。
確かに、諦めないで頑張っていると、
すごく苦しい。
その苦しみの先に希望が見えるのならいいけど、、、、
大切なのは、
まず、諦めても問題ないものなのかどうかを
見極めること。
そして、
問題ないものならさっさと諦めること。
エネルギーは、あなたが、今、
最もやらなければならない事へと移行するでしょう。
今回の不眠の患者さんの場合は、
寝ることを諦めて寝れるようになる、
なんて非常に矛盾していると思いませんか?
しかし、眠るためにもエネルギーが必要です。
寝なければならないというエネルギーを諦めることによって、
自然に眠れるエネルギーに変換されたんじゃないですかね?
不思議です。
私たちは夢を持ちつつ、
錯覚の世界を楽しんでいるのかもしれません。
大好きなことをやっていると、
もしかして、俺って、私って、天才?
と、錯覚している自分に気付けず、
荒波を渡る勇者のように、
物語の主人公になっている自分に
自己陶酔したりします。
諦める、というのは、
このイリュージョンの世界に気付き、
エネルギーの流れを達観することなのかもしれません。

↓ いつもクリックしてくださってありがとうございます。応援してください。

エッセイ・随筆ランキング

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA