離婚を考えている奥様へ

子供のために離婚しないでいる人はいないと思います。
相手に何か良いところがあるから離婚しないのです。
暴力などを受けて生命の危険にさらされたり、
金銭的にやっていけない状態になったり、
ギャンブルなどをして生活が困窮していたり、
様々な理由で離婚に至ります。

 離婚を考えている奥様方は、まずは離婚後の生活が成り立つかどうかをチェックしたほうがいいです。お子様がいらっしゃる場合は、夫からの養育費などを当てにしてはいけません。旦那さんが儲かっている芸能人とか億万長者で、必ず養育費を払うという契約書を作ってくれるような人ならいいのですが。一般社会で生きている普通の人であれば、養育費を払わなくなるケースが多いと聞いたことがあります。
 離婚は結婚するよりもかなりのエネルギーを使います。協議離婚で本人同士が納得して、離婚するのならいいのですが、自宅をローンで買っていたり、子どもの養育費が払えそうもないケースのまま、もー、いやだぁ~、と焦って離婚したらその後の生活に困ります。離婚後、夫に子供の親権を取られそうになって、慌てて介護福祉士の免許を取った人もいます。その方は非常にパパワフルな方で、実家に2人の子どもを預け、日勤も夜勤もこなして生計を立てていました。夫から一切援助がなくても、自分一人でやっていける位のパワーが必要だと思います。今のような緊迫したご時世の中、厳しい言い方になりますが、自分ひとりでもなんとかなる位の生活力がほしいものです。離婚にいたるステップとして、このまま結婚生活を続行させても、何のメリットもなく、大きなデメリットしかない、という状況なら離婚したほうがよさそうです。嫌いな人と苦痛しかない生活を送るのは人生の無駄遣いですから。次のステップは、経済的自立です。少しだけ我慢できる状態なら、その少しの時間を利用して自立できる女を目指すべきです。母子手当などの援助をフルに活用して、これなら生活できるという自信がついてから離婚したほうがいいでしょう。離婚の裁判を起こすとなると、離婚する理由が曖昧では離婚できませんので、一度別居生活をしてみるのもいいかもしれませんね。別居生活が長くなれば離婚の理由になると聞いたことがあります。夫婦は他人同士ですから、歩み寄れるところと絶対に譲れないところの狭間で揺れるのです。譲れない部分と将来もらうことになる年金を天秤にかけたら、人によっては悲惨な老後となるでしょう。譲れない部分をそのまま受け止めて、まっ、いいっかぁ、と軽いノリで乗り越えられる人ならいいのですが。故樹木希林さんは、どんなに夫が浮気しようが、帰ってこなくなろうが、どこで何をしようが、離婚しませんでした。そんな不思議な夫婦関係を、娘さんが「カオス」という言葉で表現していたのを思い出します。夫が浮気しているのを知っている状況の中で、故樹木希林さんは夫の故内田裕也さんと旅行に行っていたといいます。本当にカオスですね。一般的に考えて、なかなかそんな夫婦関係を保てる人はいないと思います。故樹木希林さんは、女としての自信があったのかもしれませんね。夫は必ず私の元に帰ってくる、という自信です。
 子供が可哀そうだとか、周囲の人に迷惑をかける、とか、人に責任を押し付けて自分だけが助かろうとするような卑怯な男は捨てましょう。美しい自己犠牲の裏には醜いエゴが隠れています。なんなら、奥様が浮気でもして夫から離縁されるほうが手っ取り早くていいかもしれません。これは冗談ですが、未来の生活を守るためには綿密な計画が大事。

↓ いつもクリックしてくださってありがとうございます。応援してください。

エッセイ・随筆ランキング

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA