人生はそんなに甘くない

資格を取れば人生安泰という考え方はもう通用しません。今の仕事がうまくいってないからと言って、その原因も考えずに資格を取るために勉強している人がけっこういるようです。資格を要求している会社では経験も要求します。今日は以下に書いたAさんのケースについて一緒に考えてみましょう。

職場の対人関係に悩むA氏の場合

 私は現在39歳で妻と7歳の子供がいます。今の仕事を辞めようかと思っています。ここ2カ月の繁忙期にミスが目立つようになり、上司のBさんとの人間関係が悪化しました。今はある資格を取って自分で起業しようと考えています。会社のBさん以外の上司にも相談しましたが、自分のやり方を改めないとどこに行っても同じことが起こる、今の会社でもう少し頑張ってほしい、と言われて、どうしたらいいのか迷っています。私としては仕事が忙しすぎるのが原因でミスが目立つようになったのでお客様にこれ以上の迷惑をかけたくないため、退職したい気持ちが高まっています。ミスに関しては、お客様から頂いた注文を忘れたり、電話を入れるのを忘れたりと、繁忙期に入る以前はあまり発生しなかったミスです。以前からあったミスですが、繁忙期からミスが多くなりました。

Aさんの気になる言動

 資格を取って企業するために、どこまで研究しているのか曖昧です。お客様を引き寄せるためには、かなりのマーケティング力が必要だし、同じ道で成功した人などからアドバイスをもらうことも大切。会社の繁忙期といってもどの程度の忙しさなのか不明。睡眠時間が、2~3時間くらいしかなくて、休みもほとんどない状態なら、確かに体に負担がかかって、ミスも増えるかもしれません。上司のBさんとの人間関係も、どのくらい悪化しているのか曖昧。パワーハラスメントであれば、心身共に病んでしまう可能も高いでしょう。ミスがどの程度頻繁に起こっているのかも不明。注文を忘れたり、電話連絡を忘れたりするのは、大変なミスだと思います。繁忙期に入る前からあったミスだと言われていますが、病気の可能性があるのなら、早く治療したほうがいいと思います。

私がAさんにアドバイスするとしたら、

 ずばり言います。今のままでは、あなたは起業してもうまくいかないでしょう。今勤めている仕事を続けるべきか辞めるべきかを考えている時点でアウトです。成功する人というのは、徹底的に次のステップ、つまり起業に向けてやるべきことをリサーチしています。会社に残ることなんて全く考えていないでしょう。
 Bさんがパワハラをやっていて、とても耐えられないような仕打ちを受けているなら、また、会社が十分な睡眠時間を奪っているのであれば、病気にならないためにも辞めたほうがいいと思います。人格をもった一人の人間として扱ってもらえないのは、普通の神経の人間には耐えられるものではありませんから。ミスに関して、注文や連絡を忘れるというのは、繁忙期以前にも少しあったと言っていますね。このミスは初歩的なミスです。つまり、絶対にあってはならない種類のミスです。会社はお客様の信用の元でなりたっていますからね。今のところ、あなたは会社という組織に守られています。今度起業したら、あなたが全ての責任を負うことになるのです。もしかしたら、今よりももっと睡眠時間が少なくなる可能性があるように思えます。お金を頂くということは大変なことですし、自分で稼いで生きていくというのはそんあに甘くありません。
 この世に食いっぱぐれのない資格や仕事はありません。強みのある資格を持っているにこしたことはありませんが、自営業に求められるのは、経験とセンスと運だと思います。自分に商売のセンスがあるかどうか、もう一度自分の中身をチェックしてみることが肝要。注文や約束の電話を忘れないようにするためには、毎日必ず目を通すメモなどに書いておくなどの工夫が大切です。同じミスを繰り返すと信用を落としますから。

 

↓ いつもクリックしてくださってありがとうございます。応援してください。

エッセイ・随筆ランキング

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA