それでも人間ですか?

 血は水より濃いという事実がはっきり分かる時が来るかもしれません。お嫁さんは他人ですから仕方がないとは思います。でも、感情が抜き取られた義務感のようなものでもいいから、旦那さんにとって大事な両親に優しくして差し上げるべきだと思います。

あるお嫁さんの声

 私は45歳、夫は50歳です。7歳と8歳の子どもがいます。現在、経済的に非常に厳しい生活をしています。夫の両親は健在で市営アパートに住んでいます。義父と義母は二カ月に一度50万円の老齢年金をもらっており、家賃は月に1万円くらい払っているとのこと。それなのにお金に困ってギリギリの生活をしていると言います。一カ月に換算すると25万円もあるのに、いったい何にお金を使っているのかと不思議に思います。先日、義父から夫に電話があって義母が怪我をして入院することになり大変だった、という話を聞きました。義父はかなりお酒を飲んでいる様子だったらしい。夫には次男で未婚の兄がいますが、難病が悪化しては施設に入ることになったと、この電話で知りました。このままでは私達夫婦が義父と義母の世話をすることになりそうです。私達夫婦と子供達だけでも金銭的にきついのに、義父と義母の世話をするようになったら、生活が大変だから、今のうちに貯金しておいてほしいと思います。義父と義母にお金の使い方を改めてもらうように話し合いをしたいと思い、何度か連絡を取りましたが、義父と義母は、息子に迷惑をかけないようにちゃんと考えていると言って、話し合いに応じてくれません。今のところ、お金を貸してくれ、と言ってきたことはありません。

お嫁さんの行動について

 この相談の文面から知る事が出来る内容を考えてみました。おそらく、日ごろからのお嫁さんと義父、義母の人間関係ができていないのでしょう。義理のお兄さんが施設に入ったことも知らずにいたというのは、お嫁さんのほうから夫の実家に電話をかけることがほとんどないのでしょう。このお嫁さんは嫁いできたという感覚がなく、冷たい感じがします。義父と義母のお金の使い方に関しては、このお嫁さんにとっては本当の心配ではなく、同居することになるのが一番いやなのかもしれません。お金の心配はたてまえだけで、お嫁さんの家に夫の両親が面倒をみてみらうために同居してくるのを恐れているような気がします。義父が夫に電話をかけてきた時、義父が酔っぱらっていたという状況に関しては、アルコールの力でも借りなければ、息子のところに電話する勇気もなかったのかもしれません。このお嫁さんは、義父と義母にとって近寄りがたい人物なのでしょう。結婚とは家と家が親戚同士になることを全く理解していないわがままな嫁だと思います。夫も嫁の尻にべったりと敷かれていてパワーバランスがゆがんでいるような気がします。

このお嫁さんに心の中で一言!

 あんたねぇ、嫁に来たっていう感覚がまるっきしないね! そりゃ、義父や義母とは血がつながってないから、自分の両親と比べたら思い入れが違うのは当たり前。週に一回くらい電話の一つでもしなさいよ! 老後をエンジョイしている義父と義母にお金の使い方を考え直せだなんて、義父も義母もあんたに言われたかないよ。なんで年金の使い方まで指図されなきゃいけないの! 一回でも、あんたのところへ金を貸してくれって言ってきたわけじゃないんだろ? それか、貯金してもらって、息子のところじゃなくて老人ホームにでも入ってもらおうと思ってるの? 電話一本しないのだから、夫の両親もあんたには看てもらいたかないだろうな。それに、義母が入院してたなんてことを知ったら、行ってどんな状態なのか見にいこうと思わないわけ? あんたの人間性を疑うよ。こんなに家族間の人間関係が薄かったら、義父と義母のどちらかが亡くなってひとりになったら、独りぼっちになった義父あるいは義母はかなり寂しくなるだろうな。それでも、あんたのことだから顔を見せるどころか電話もしないんだろうな。あんたの外観は人間の形をしているだけで、人間じゃない。

人生の関所

 生きていると何度もやってくる人生の関所。両親の面倒を看る、というのも人生の関所です。男性であれば両親を大切にしてくれる人を選ぶべきです。自分の両親に電話一本かけてくれない嫁さんでは、夫婦仲も悪くなるし気持ちよく生活できません。どんなに美人であっても、その人の本心を見抜く目を持っていてもらいたいものです。いつか、ある芸能人のカップルがテレビに出ていました。夫婦で末永くうまくやる方法について、夫のほうがとても奇妙なことを言っていました。「嫁さんの云う事に逆らわず、嫁さんの言う通りにして、嫁さんの両親に可愛がってもらうのが夫婦がうまくやっていく秘訣だ」と言っていました。そんなことはないと思います。夫の親を適当にあしらっているような嫁だったら、夫は寂しい気持ちになること間違いなしです。逆にお嫁さんは、夫の両親の面倒を看ることになると思っていたほうが間違いないです。長男であろうが、次男であろうが、みんなで親を看ることになるのです。次男だから何もしない、とか、長男だから一人で親の面倒をみる、ということはありません。結婚とはそういうものだと肝に銘じて結婚したほうがいいです。

 

↓ いつもクリックしてくださってありがとうございます。応援してください。

エッセイ・随筆ランキング

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA