お母さん、迎えに来てくれてありがとう!

みなさま、こんにちは!
スズメの赤ちゃんが元気になってお母さんの元に飛び立ちました。
保護した翌日に、
もしかしたらお母さんが来るかもしれないと思って、
ケージを窓の外に出していました。

すると、
期待通りにお母さんが姿を現しました。
虫を取ってきてケージの隙間から
ヒナに食べさせるようになったんです。

とりあえず、ケージの数か所をペンチで曲げて、
くちばしが入りやすくしました。

環境保全課に電話して、どうしたらいいか聞いてみると、
器のようなものに入れて外に出しておくことを勧められました。
丁度よいものが見当たらす、
ケージのドアを開けっぱなしにして、
外に出しておきましたが、
母鳥は中に入ろうとせず、
ヒナも出ようとしませんでした。
ひたすらケージの隙間からエサをやるばかり。

そこで、
ケージの天井を空けっぱなしにして
外に出してみました。
すると、
母鳥が来なくなったんです。
困ってしまい、
再びケージの天井を取り付けると、
また母鳥がくるようになりました。
一日中、母鳥はエサを持って何度もやってきます。

 

どうしたら二羽がそろって飛び立てるものかと、
思案に暮れていました。
この辺は、蛇、トカゲ、猫、などの天敵が多く、
ヒナにとって非常に危険です。

 

このヒナちゃんは、巣立ちに失敗したんですね。たぶん、、、、
かなり小さいし、
部屋に放してみたら、
少しだけ飛んで落ちるんですよ。
もうすこし羽がしっかりしないと巣立ちは無理かなぁ?

しかし、お母さんと一緒に飛ぶ練習もしなきゃね。
獲物の取り方も覚えなきゃいけないし、、、、
きっと、危険を回避する方法もお母さんが教えてくれるんでしょうね。
自然界は厳しいから。

二日ほどケージが巣の代わりになっていました。
物凄い頑丈な巣ですね(笑)。
親鳥は二日とも朝から夕方まで、
何時間もエサを運び続けたんです。

そして本日もヒナをいつものように外に出して、
様子を見ていました。
ウチのピー君(セキセイインコ)のエサも、
ケージの隣に置いておきました。
巣箱に近い状態にしてやろうと思って、
今日は藁を買ってきました。

観察していると、今日も親鳥がやってきましたが、
まったくエサをやろうとしません。
ヒナはケージの中で活発に飛び回っていました。
親鳥は屋根の上から、
ヒナを観て、
ひたすら鳴いているんです。
「早くおいで」と言っているように聞こえました。

そこで、今日こそは飛び立てるんじゃないかと思って、
ケージの天井を空けてみました。
すると元気よく屋根の上まで飛んだんですよ。
これからは、お母さんからいろんな訓練を受けるんでしょうね。
元気に育つことを祈っています。

ソニーのハンディーカムで動画を撮りました。
綺麗に撮れているので、
よろしかったら観てくださいね。

 ↓ いつもクリックしてくださってありがとうございます。応援してください。

エッセイ・随筆ランキング




Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次の記事

逆転人生の前兆