チョコレートの味は人生の味

みなさま、こんにちは!

昨日はバレンタインデーのことをすっかり忘れて過ごしていました。カフェでスマートフォンを見ていたら、2月14日という日付が目に飛び込んできてハッとしました。早速、夕方七時前ころにそごうの地下に行ってみると、試食をやっている店があって、つい摘まんで食べてしまいました。うま~い! その店だけ、白衣のパティシエのような人が大きな声で宣伝し始めたんです。たちまち行列ができました。「人気ナンバーワンの~」とか、大声が聞こえて来たら、つい並んでしまいますね^^

北海道の有名なスイーツ専門店 ルタオ が広島のそごうに進出してきました。ルタオのチーズケーキは大人気です。このチーズケーキは最後の一個だったんですよ。ぎりぎりセーフ! ラッキー! ずっしり重たくて、存在感があって、濃厚な味です。オーストラリア産とイタリア産の二種類のチーズが入っています。何度でも食べたくなる味!

 

中味はほとんどチーズです。表面の粉雪みたいな部分がフワフワっとお口の中で溶けます。柔らかい生地と程よい歯ごたえのチーズがベストマッチ!

 

このチョコレートが試食できるようになっていました。紅茶の香りとチョコの風味がバランスよく溶け合った不思議な味でした。暖かい紅茶と一緒に食べたら一層美味しいかもしれません。

 

次は、ホワイトチョコでコーティングされたドライイチゴです。蓋を開けると、イチゴパウダーの色と香りがフワ~っと漂ってきて、ハッピーな気分になりますよ。

 

噛んでみると、中味はこんな感じです。甘酸っぱいイチゴとホワイトチョコがあま~い関係でベストマッチしていました。

 

樽のような感じの容器がケーキの容器です。パッケージもオシャレですね。

 

美味しいものを味わうのは楽しいものです。
実は、その美味しいものを食べているのは、私達ではなく、神様なのです。
神様は私達の体を使っていろんな体験を楽しんでいるのです。
楽しい、と私達が感じるのは、苦しみがあるからです。
人生から「苦しみ」が無くなり、「楽しい」ことだけになったら、どうでしょう?
「楽しい」という単語は世界から消え去ってしまうでしょう。
そう、「苦しみ」があるから、「楽しみ」は存在できるわけです。
「苦」と「楽」はいつも背中合わせだけど、ほんとうは同じものです。
人生は味わうもの。
人生の意味、とか、生きている意味、なんて考えなくてもよろしい!
生きているだけで丸儲けなんですから。

↓ いつもクリックしてくださってありがとうございます。応援してください。

エッセイ・随筆ランキング






Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA