Matter is valid・色即是空

Hello. Friends! The other day, I went to Komeda Coffee to order Shironoir, which is so popular among young people. I always wanted to try it. The texture is crispy and moist. It’s so delicious! The Shironoir has two choices: ice cream or whipped cream. I ordered whipped cream. I enjoyed the collaboration of both the crispy feeling of cake texture and fluffy taste of whipped cream.

みなさま、こんにちは! 先日、コメダ珈琲に行って、有名なシロノワールを頼みました。以前から食べてみたいと思っていたんです。生地がサクサクしているのにシットリしていてとても美味しかったです。クリームの部分はアイスクリームにもできるとのことでした。私はホイップクリームにしました。生地のサクサク感とクリームのフワフワ感が絶妙にコラボしていてとても美味しかったです。

The price is 790 yen with a drink. It is quite reasonable.
金額はドリンクとセットで790円! とてもリーズナブルですよ。

Quiet music is playing in the shop. Each box seat is separated with screen and wide and relax. I am sure that you can enjoy chatting with your friends.
店内は静かなBGМが流れていて、座席もスクリーンで仕切られており、ゆったりしています。お友達と楽しいおしゃべりができそうですよ。

Matter is valid

Now, today’s title is “Matter is valid,” which is the idea that everything is not fixed being, and is always changing, insubstantial, and emptiness. This idea is similar to Non-duality. It follows that all things in our eyes do not exist actually, but are just images in our eyes.

色即是空

さて、今日の題名は「色即是空」です。「色即是空」とは、どんな物も固定した存在ではなく常に変化し、実体はなく、空である、という教えです。ノンデュアリティーの考え方に似ています。目に見える物すべてが本当は存在しておらず、映画のようにストーリーとして人間の目に映っているだけ、ということです。

“existence” from “emptiness”

We believe that our bodies are ourselves, and we tend to think that we have something like a sole inside our skin, which sole exists in a frame. The Shironoir served in this shop is the beautiful cake, but its shape is changing and becoming smaller every time you eat little by little, and after you finished eating, it is gone, which is quite natural. Human is the same as this cake. Somebody marries somebody and have a baby. One human appears even though there is no sign of him, and parents love him like a treasure. What a miracle it is! And then, he grows old every moment and dies. Everything is born from “emptiness” and goes back to “emptiness.”

「無」から「有」

私達は、肉体が自分だと思い込んでいます。そして、肉体を包んでいる皮膚の内側に魂のようなものがあって、本当の自分は肉体に閉じ込められていると思いがちです。このお店で食べたシロノワールも、出された時は綺麗なお菓子ですが、食べるとだんだん少なくなって全部食べると無くなります。あたりまえですね。人間もこのお菓子と同じです。誰かと誰か結婚して赤ちゃんが生まれます。それまで影も形もなかった人間が突然現れて、宝物のように大切にされるわけですから、この世は不思議です。そして、刻一刻と老いて死ぬわけです。すべてが「無」から生まれて「無」に帰るのです。

We will never die forever.

You might be afraid of thinking that we go back to “emptiness” after we die, don’t you? But I feel that we return to the real world instead of pretending society. I don’t know it clearly because I have never died, but the real me being somewhere knows everything about the real world. When we believe that we all exist here as the expression of the universe, I feel that any anxiety calms down a little. Because we are parts of the consciousness of the universe, we have never died.

私達は永遠に死なない

死んだら「無」の世界に帰る、と思うとなんだがすごく怖い感じがしますよね。でも、見せかけではない、本当の世界に戻るのではないかと、思います。私は死んだことがないので、はっきりとは分かりませんが、本当の私がどこかで、本当の世界について知っているような気がします。私達は一人残らず、宇宙の表現としてここに存在しているのだと思えば、どんな不安も少しだけ和らぐような気がします。私達が宇宙の意識そのものなら、私達は一度も死んだことがないのです。

Life is a story that God already wrote.

“ALREADY AWAKE” by Nathan Gill says that everything is operating automatically. I was disappointed to know that a result already decided, no matter how hard we work. I gave it my best shot to this idea. God’s novel might include the story: “you work hard to achieve your aim.” Or it is OK for you to decide not to work hard; you are living in the story that you don’t have to make efforts. When you have trouble, it is all right for you to ask for help from somebody, and it is also suitable for you to give up. All thoughts in your mind and everything that happened to you is an operation of the universal energy. We don’t know why we are watching an image of life drama. We will never know it forever. But, why don’t you read the novel which hero or heroine is yourself through to the end?

人生はすでに書かれている小説

ネイサン・ギル氏の『すでに目覚めている』の著書の中に、すべては自動操縦されている、と書いてありました。目的を達成するためにどれほど一生懸命頑張っても、結果は決まっているのか、と思うとひどくガッカリしました。これを自分なりに解釈すると、神様の台本に、「目的を達成しようと一生懸命頑張る」というストーリーが組み込まれているのだと思います。また、頑張らない、と決めてもОKなのです。頑張らなくてもいい、という筋書きの中で生きているわけですから。困った時に誰かに救けを求めよう、と思ってもいいし、諦めてもいいのです。頭に浮かんだ思考も、起こった出来事も全部、一つの宇宙エネルギーの操作です。私達が何のために、こんな人生ドラマという映像を見せられているのかは不明です。おそらく永遠に不明でしょう。それでも、すでに神によって書かれている、自分が主人公になっている小説を最後まで読んでみようではありませんか。

Mysterious experience

When I had a coffee at Komeda Coffee, I had a mysterious experience. I noticed that lumps hanging from the roof and tables and chairs and so on are just there as they are. It is quite challenging to explain it with words, but everything looks so fresh, simple, and quiet. All things exist there at the mercy of God. Even though a lump didn’t try to become a lump, it was just there as it is. Both tables and chairs exist there. I had a strange feeling as if quiet covered everything. My body disappeared. If I try to explain the situation with words forcibly, just calm and peace were there. Leaving the shop, even when I was driving my car to go home, my both hands were already not mine. I was watching both the arms and the changing scenery while the car went forward. I went back to my house in a moment. I was not exposed to any danger while I was driving; I felt that I caught a glimpse of the world without time. After I stepped into my house, I returned to an original me. I believe that the real world, not the pretending society, is fantastic so that we cannot imagine. How easy it would be if we can see the end of our destiny calmly, steadily, and quietly.

不思議な体験

コメダ珈琲店でコーヒーを飲んでいた時、不思議な体験をしました。天井からつるされているランプやテーブルや椅子など、すべてが、ただそこにあるのです。言葉で表現するのは非常に難しいのですが、すべてがものすごく新鮮で単純で静謐な姿に見えたんです。すべての物がなされるがままにそこにありました。ランプはランプになろうとしてそこに存在したわけではないのに、ランプとしてただそこにあった。テーブルも椅子も、ただ単にそこに存在していた。静寂がすべてを包み込んでいるような妙な感覚がありました。私はもうそこには存在していませんでした。状況を無理やり言葉で言い表すとしたら、ただただ静寂と平安がありました。店を出て車で家路を走っている時も、ハンドルを握っている自分の両手が、もはや私の両手ではなくなっていました。私はただ、ハンドルを握る両手と、車が進むにつれて変わる風景を見ていました。私は一瞬のうちに帰宅していました。特に危険な目に遭ったわけでもなく、時間が存在しない世界を垣間見たような気がしました。帰宅してからは、すっかり元の私に戻っていました。見せかけではない、本当の世界は、想像もできないほど、素晴らしい世界なのだと思います。どんなことが起こっても、あわてず、うろたえず、静かに、運命の行く末を見守れるようになれたらどんなに楽でしょう。

↓ いつもクリックしてくださってありがとうございます。応援してください。
↓ Please click here. Thank you very much for your continuous support.

エッセイ・随筆ランキング



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA