Who am I?・What am I doing in this world・人間の本質に迫る

Hello. Friends! I’m crazy about books on spiritual. I want to give my impressions of “ALREADY AWAKE” by Nathan Gill. Who are we? What were we born to do? And what on earth are we aiming in this world? From a divine perspective, in this world that there are many more sufferings than fun things, we feel comfortable to think that we were born for our soul training. Anyway, what did we do equivalent to do such sever practice?

みなさま、こんにちは! 今、スピリチュアルな本にはまっています。今回は、ネイサン・ギルの『すでに目覚めている』という本の感想を述べてみたいと思います。私達は何のために生まれてきて、一体何を目指している何者なんでしょうか? 楽しい事よりも苦しい事のほうが多いこの世においては、宗教的観点から見ると、私達は魂の修行のために生まれてきてる、という考え方が腑に落ちます。それにしても、厳しい修行をしなければならないほど、私達は一体何をしたのでしょうか?

Non-duality

The author, Mr. Nathan, wrote about Non-duality. As in the book by Ms. Naho Owada, which I introduced before, it is the idea that humans, animals, things, events, feelings, everything arises from one energy. Although I shouldn’t use the word idea, I couldn’t find any other word. According to Nathan, I read that life is a story spreading in the form of thought. Oneself in a story is just an illusion. He says that unhappy arises when one thinks that a dream is oneself. He insists that the real existence is only consciousness, and “myself” does not exist.

ノンデュアリティー

作者のネイサン氏はノンデュアリティーについて書いています。大和田菜穂さんの本で紹介したように、人間も、動物も、物も、出来事も、感情も、すべてはひとつのエネルギーから発生しているという考えです。ここで、「考え」という言葉を使うべきではないように思いますが、他の言葉が見つかりません。ネイサン氏によると、人生は、思考という形で広がるストーリーなのだそうです。ストーリーの中の自分はただの幻想であり、それを本当の自分だと思うことから不幸が始まると言っています。本当に存在するのは意識だけで、「私」は本当は存在していないというのです。

However, it is the general idea that a soul lives in a body and is having the training to brush up itself in this world if one didn’t do the right things, one would have to reap one’s karma when one is reborn: what one sowed. But which is the first karma? Imagine that Ms. A hit Ms. B. We often hear that Ms. B reaped her karma through being hit by Ms.A because Ms. B had beaten Ms. A in a previous life. Then, in the next life, will Ms. B strike Ms. The next time? I’m wondering until when this retributive justice will continue.

しかし、一般的に肉体の中に魂があって、魂を研磨するために地球上に修行に生まれてきた、正しい行いをしなければ、それがカルマとなって次に生まれてきた時に、自分がまいたカルマの種を刈り取らなければならない、という考え方が一般的です。でも、どれが最初のカルマなんでしょうか? A子さんがB子さんを殴ったとします。前世でB子さんがA子さんを殴ったから、B子さんはA子さんに殴られるというカルマを刈り取っているという話はよく耳にします。じゃあ、次に生まれ変わってきたら、今度はB子さんがA子さんを殴ることになるのでしょうか? 因果応報はどこまでつづくのでしょうね。

According to Nathan, he insists that retributive justice doesn’t exist. When we think about the reason why Ms. A hit Ms. B, there are various ideas: because Ms. A and Ms. B are friends or Ms. A passed the same school as Ms. B, or Ms. A’s house is near Ms. B’s house. If we try to investigate the cause, we can think about it endlessly. After all, the reason might be various ideas: because Ms. A was born. The earth exists. The universe is there. Eventually, we couldn’t know the original cause. We cannot help telling that there is no cause. The way of thinking that there is no reason and no meaning for various incidents, and everything is an expression of the universal consciousness makes me feel quite comfortable. How comfortable if we don’t identify ourselves with ourselves in a story!

ネイサン氏によると、因果関係は存在していないらしいのです。A子さんがB子さんを殴った理由について考えると、A子さんとB子さんが友達だったから、とか、A子さんがB子さんと同じ学校に合格したから、とか、A子さんの家がB子さんの家に近かったから、とか、原因を究明しようとすると、際限なく考えることができて、結局、A子さんが生まれたから、とか、地球があるから、とか、宇宙が存在するから、とか何がもともとの原因なのか、分からなくなります。結局原因はないのです。いろんな出来事には因果関係も意味もなく、ただ宇宙の意識が表現しているだけだ、という考え方は非常に気楽になれます。ストーリーの中の人物と自分を同一化しないことができたらどんなに楽でしょう。

If one sees through an account, you will become at ease.

According to Nathan, recognizing one’s nature is the aim of life. He says that we are the universal consciousness itself (Oneness) and everything at the same time. He reports everything that is happening is Oneness, and thoughts are also one of Oneness’s sceneries arising naturally. In the long run, everything exists as it is. It is a story that we connect one thing with another thing. And then, it makes us feel uncomfortable to think that something happens to us.

ストーリーを見破ると楽になる

ネイサン氏によると、自分の本質を認識することが人生の目的だという。自分は宇宙意識(一体性・Oneness)そのものであり、同時にすべてのものだというのです。起こっていることすべてがOnenessであり、思考も自然に湧いてくるOnenessの風景の一部だといいます。つまり、すべては、あるがままにそこにあるだけということ。ある出来事と他の出来事をつなげて考えるのがストーリーです。そして、そのストーリーが自分の身に降りかかっていると考えるからつらくなるのです。

For example, assume that somebody said to you, “your child entered the group of punk kids because you brought up him indulgently.”: “It is you that let him become a bad child.” You get angry against a person who said like this, don’t you? You get annoyed when you think that everything happens to you. Just two things happened separately: indulging a child and the fact that a child entered the group of punk kids. There might be a person who gets angry to hear this idea because everything might be permitted. For example, a person might appear, said: “It was not my fault I couldn’t pass the examination although I had not studied.” There is no causal relationship in the universal consciousness because time doesn’t exist there. Therefore, I feel that it is impossible for a human who lives in the world with time to see through a story and to get it as it is. But if we are the same existence s Oneness, it might be possible to find out a story. I felt that an impression of a person who I don’t like so much weakens while I was reading this book.

例えば、誰かがあなたに「あなたが子供を甘やかして育てたからあなたの子供は不良グループに入ったのよ。」と言ったとします。子どもが不良グループのメンバーになったのは「あなた」のせいだ、と言われたら、言われた人は「私」のせいにされた、と思って頭にくるわけです。すべては自分の身に降りかかったと思うから腹が立つのです。「子どもを甘やかす」ということと、「こどもが不良グループに入る」ということは、ただ単に発生した二つの出来事に過ぎないのです。そんなことを言ったら、何でも許されちゃう、と言って怒る人もいるでしょう。例えば、受験に失敗したのは私が勉強しなかったせいではない、という人も現れそうです。この世界には、時間という概念があるから、因果関係というストーリーができてしまうものと思われます。宇宙意識の世界には時間が存在していないので因果関係もないのです。ですから、時間が存在する世界に生きている生身の人間にストーリーを見破って、あるがままに受け止めよう、なんて無理なようにも思います。でも、私達がOnenessと同じ存在であるとしたら、ストーリーを見破ることは可能なのかもしれません。この本を読んでいると、私にとってあまりよい存在ではない人の印象が弱まるように思います。

Quest continuing endlessly

Everybody hopes a prosperous future and search the way to be happy. It is also a search to wish to be productive. However, to my sorrow, Nathan says that life is operating automatically, and we don’t have any power to control our lives. It is like we have hypnosis. We believe that our bodies are ourselves. We believe that we can make our life good with our efforts, or we might spoil our lives if we are lazy. Therefore, we couldn’t live without worries. Life is like watching a movie. When you turn off the power of a projector, there is just a white screen there. I think I feel comfortable if I can get my life as it is, like appreciating a movie. But, when we have no money to buy food, we will be hungry. When we encounter a big earthquake, we will suffer the risk of death. You couldn’t accept your life easier as you watch a movie, could you? However, when you see through your nature and spiritually awake, you can taste the feeling of bliss beyond description. In the idea of Non-duality, it is called moment enlightenment (ichibetutaiken・一瞥体験). One experiences that oneself disappears and melts into the universal consciousness. Even though its experience ends and the existence of oneself comes back to live normally, one seems to hope to taste that happiness again and again. I’ve never had such an experience. But if Oneness becomes somebody or something and is doing various things, I am so excited! When I think everything: a stone there, a cherished pet dog, and myself arises from the same Oneness, I adore everything.

果てしなく続く探求

誰もが幸せな未来を望み、どうしたら幸せになれるのかその方法を探求します。お金持ちになりたい、というのも探求です。しかし、ネイサン氏によると、人生は自動操縦されていて、自分の力ではどうにもならない、という悲しい事実が書かれていました。私達は催眠術にかかっているようなもので、この肉体を持ったこれが「私」である、と思っています。「私」は努力次第で素晴らしい未来を作れる、さぼるととんでもないことになる、と信じているので、気楽に生きられないのです。人生は映画をみているようなもので、映写機の電源を切ってしまえば、真っ白なスクリーンがあるだけです。映画を観ているように、自分の人生をそのまま受け止められたら楽ですね。しかし、お金が無くなると食べられなくなってお腹が減るし、大きな地震が起こると生命の危機にさらされます。映画のように気楽に見ていられないですよね。ところが、自分の本質を見抜くこと、つまり悟ることができたら、言葉では言い尽くせないほどの至福感を味わうらしいのです。ノンデュアリティーの考えの中で、それは一瞥体験と言われていて、自分という存在が消えて宇宙意識の中に溶けるのだそうです。その後、自分という存在が戻ってきて普通に生活するようになっても、何度でもその至福感を味わいたいと思うらしい。私はそんな体験をしたことはありませんが、Onenessがいろんな人や物になって、いろんなことをやらかしているとしたら、ワクワクします。そこに転がっている石ころも、大切にされている飼い犬も、私も、すべてが同じ存在であるとしたら、すべてが愛おしく感じられます。

My father already passed away. But he became the universal consciousness to exist everywhere. He might be air, or it doesn’t matter that he is an old neighborhood lady. I experienced lots of miracles after he died. Having many troubles that happened to me like arrows one after another, I was so exhausted. At that time, various measures of help appeared. People who helped me were a neighborhood, a lawyer, a person to whom I have never talked. I imagine that my father looked like a neighborhood, a lawyer, various persons, and things. I’m happy. But thinking like this might be a thought arising from somewhere.

私の父はもう亡くなっていますが、父は宇宙意識になってそこら中に存在することになりますね。空気になっているかもしれないし、近所のおばさんになっていてもいいわけです。父が亡くなってから不思議なことがたくさん起こりました。困ったことが次から次へと矢のように降りかかってきて弱り果てていました。そんな時に、いろんな助け船が現れたんです。助けてくれた人は、近所の人だったり、弁護士さんだったり、ほとんど話したこともない人だったりしました。父が、ある時は近所の人になり、弁護士さんになり、いろんな人や物になって現れたんじゃないか、と私なりに想像したりして喜んでいます。しかし、こう考えるのも、どこからか湧き出てきた思考にすぎないのかもしれません。

I do recommend this book to a person who is suffering from poverty, disease, human relationship, and various things. You do not want to live to be afraid of the future, but wish to live more comfortably, don’t you? If you have a chance to read this book, please do not read seriously, but read easily to think, “I am wondering if there is such an idea.” You might feel comfortable to read this book. An average person can’t understand all of this book. I think only a person who has experienced enlightenment can realize all of this book. If you are an average person, I’m sure your nature will react to this book just a little.

生活苦、病気、対人関係、いろんなことで悩んでいる人に、この本をお勧めします。来るべき未来におびえて生きるのではなく、もっと気楽に生きていたいですよね。もし、読むチャンスがあれば、真剣に読まないで、「こんな考え方もあるのかぁ」と、気楽に読んでほしいです。読むと気分は楽になるのですが、空体験をしていない普通の人には理解不能ですからね。きっとあなたの「本質」がちょこっとだけ反応すると思います

↓ いつもクリックしてくださってありがとうございます。応援してください。
↓ Please click here. Thank you very much for your continuous support.

エッセイ・随筆ランキング



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA