Nobody exists in this world. Non-duality・この世には誰も存在しない・ノンデュアリティー

Hello. Friends! I wonder why we came into the world and are living here. What kind of place is the land of the dead? What so many sufferings this world is full of! There is nobody who came back to this world after they died. So, all are secret forever. But, I unexpectedly came across a book that saves me from the torture a little bit. It is the book titled “we are already in love” by Naho Owada. I’ going to give my impressions of it, today. I hope that I can have a mysterious experience like her.

みなさま、こんにちは! 私達がこの地球上に生を受けて暮らしているのはなぜでしょう? あの世とはいったいどんなところなんでしょうか? 人間界とは、なんとたくさんの苦しみに満ちているのでしょう。死後、この世に戻ってきた人はいません。だからすべては永遠の謎です。しかし、少しだけ苦しみから救われるような本に出会いました。大和田菜穂さんの『すでに愛の中にある』という本です。今日は、この本の感想を書きたいと思います。彼女が経験した空体験を私も経験できると時がきてほしいと願います。

We have never even been born.

I’m astonished to hear these shocking words and got a scare. The book said that we are just an illusion. But, we exist and feel physical pain when we pinch the skin. The author said that we are just obsessed with an idea that we are living in this world after we are in a strong hypnotic state: there is only universe energy which exists in the universe and everything is just expression of the universal energy. The expression of universal energy includes humans, animals, and things like a chair and desk without life. Furthermore, human feelings, a phenomenon which happens to humans, like studying hard for an entrance examination, marrying somebody are being happened by the universal energy. We have nothing that we can control. Nonduality seems to be like this. One day, Ms. Owada suddenly disappeared and was looking at the scenery around her. Then she realized that she doesn’t exist actually and only one existence is just the universal energy. She said that she enjoyed a feeling of happiness beyond description.
I often hear that a very famous movie star says “I have lots of money. I got almost everything that I want. So, I don’t want to have anything.” However, they continue movie production, don’t’ they? Even though they are not famous, humans are constantly on the move to get real satisfaction. That is to say, we will not be satisfied forever. I feel that we can get real happiness when we encounter something that will never change forever.

私達は本当は生まれてさえいない

あまりにも衝撃的な言葉に唖然としてしまい、ど肝を抜かれました。私達はただの幻想だというのです。しかし、現に私達の体は存在しているし、体の一部をつねってみると痛みを感じます。彼女によると、私達はとても強い催眠術をかけられていてこの世に存在しているように信じ込んでいるだけだというのです。宇宙に存在するのは宇宙エネルギーただ一つだけであって、すべての存在は、宇宙エネルギーの表現に過ぎないのだと。その宇宙エネルギーの表現には、人間も、動物も、生命のない机や椅子などの物質も含まれていて、さらには人間の感情、身に降りかかる現象、たとえば、受験勉強をしたり、結婚したり、といった出来事も宇宙エネルギーがやっているのであって、自分でコントロールできることなど一つもないというのです。このような考え方がすべては一つであるというノンデュアリティーという代物らしい。ある時、大和田さんは自分が忽然と姿を消して、あたりの風景を見ていたそうです。その時、自分という存在は本当は無くて、宇宙を貫くたったひとつの存在は宇宙エネルギーだけだと気づいたそうです。言葉では言い尽くせないほどの幸福感を味わったといいます。
有名な映画俳優は、お金がたくさんあって、欲しい物はほとんど手に入れた、だからもう何もほしくない、と言っているのをよく耳にします。それでも、まだ映画活動を続ける人が多いですね。有名な人じゃなくても、人は生きている限りずーっと本当の満足を得るために東奔西走するのです。つまり、永遠に満たされることはないのです。本当の満足や幸福感は、永遠に変化することのない何かとの出会いだという気がします。

I and existence besides I.

Ms. Owada says that all sufferings come from the idea that divides oneself from others. She said such a thing, but my body is not anybody’s body and not connected with others, furthermore, my ideas in my brain are not the same as others. I wanted to deny her ideas. However, she says that everything that includes humans, animals, and plants is the same existence that has the same component which has originated out of the same universal energy. Approached the topic from a different angle, it may be similar to a man who hides in a blanket. When he lifted his right leg in a blanket, you will see the part of the blanket on his right leg bulge. Do you know? When he raised his head, you will see the part of the blanket on his head bulge. When you see just the blanket, the part of his right leg and his head are quite a different creature from each other. But there is only one person under the blanket. Thinking like this, the idea that everything raises from one thing is very interesting. Thinking that everything connects with one energy, I get the impression that I can escape from the loneliness. I think that unhappiness rises from the comparison with others: a woman wants to wear better clothes and to have a better bag than others, and a man wants to promote more than others. Ms. Owada compared all creatures and things to one painting. The painting has the part of the sun, the part of the grass on the ground, and might have a crying girl. Colors cannot say, “I don’t want to be a crying girl. I wish I could be the sun.” Colors fulfill their duty given by the universal energy.
Thinking in this way, when we get into a hole, we might not have to flounder for how we can help ourselves. We are like charcters in a dream, and cannot change the scenario of the dream. Nevertheless, it doesn’t mean that you don’t have to do anything even when you get into a hole, but it means that you can do that comes to your mind. That is the reason why the thing that came to your mind also rises from the universal energy. I feel much better thinking like this because I don’t have to regret the past and blame myself, saying that I shouldn’t have done so at that time.

自分と自分以外の存在

すべての苦しみは自分と自分以外の存在を分けて考えるところから発生すると、大和田さんは言います。そんなことを言っても、私の体は他の誰の体でもないし、他の人とつながってなんかいない、頭の中で考えることも同じじゃない、と否定したくなりました。しかし、彼女は、人間も動物も植物も物も、同じ宇宙エネルギーから発生した同じ成分を持つ同じ存在だというのです。違った角度から考えてみると、すっぽりと毛布の中に身を隠している人に似ているかもしれません。毛布に潜り込んでいる人が右足を上げると、毛布がそこの部分だけ盛り上がりますよね。頭を持ち上げると、頭の部分の毛布が盛り上がります。上から毛布だけを眺めていると、右足の部分と頭の部分は違う生物のように見えるかもしれません。しかし、毛布の下に隠れている人は一人なのです。こんな風に考えると、すべてが一つから発生している、というのは面白い考え方ですね。みんな一つのエネルギーで繋がっていると思うと孤独から逃れられるような気がしてきます。不幸は他人との比較から生じているように思います。女性なら、服やバッグなど、人より優れたものを身に着けたいし、男性なら他の人よりも出世していたい、と思うでしょう。大和田さんは、地球上のすべての生物や物を一枚の絵に例えていました。絵には太陽の部分もあれば、地面に生えた草の部分もあり、泣いている女の子の姿も入っているかもしれません。絵の具は、「泣いている女の子になりたくない、太陽にしてくれたらよかったのに」と言うことはできないのです。絵の具は絵の中で与えられた役目を果たしているのです。
このように考えると、どうしようもない事態に陥った時、あれこれと助かる道を探し回ってジタバタすることがなくなるかもしれません。私達は夢の中の住人のようなもので、夢の中の物語のシナリオを変更することはできないのです。だからと言って、不測の事態の中で何もしなくてもよい、というのではなく、頭に浮かんできたことを実行すればよいのです。頭に浮かんだ事も宇宙エネルギーのなせる業ですから。こう考えると、あー、あの時あんなことをしなければよかった、と後悔したり、自分を責めたりすることがなくなり、ずいぶん楽になります。

The real world, not an illusion

The book says that we cannot see the real world because this world that we are living is an illusion and we are living our life story as an independent individual. Ms. Owada says that there is only the infinite space in which there is nothing, and both you and I don’t exist. I hear that the time was the concept made up by a human, and time doesn’t exist in the real world. I read the story of a truck driver in her book. The driver drove to the destination. When he started driving, he experienced a brain freeze and didn’t feel the time. But he arrived at the destination without getting lost. Then the driver realized that both the departure time and arrival time exist at the same time. That is to say, he experienced the fact that time doesn’t exist. All is vanity, aren’t they? According to Ms. Owada, sleeping also makes us know that all is vanity. Even though we slept for 7 hours, we couldn’t feel that we slept for as much as 7 hours when we wake up, aren’t we? Don’t you think that it is similar to the experience that we are concentrating on something? When we are beside ourselves and concentrating on doing one thing, time flies, isn’t it? How strange time is! This content made me remember “The Power of NOW” written by Eckhart Tolle, in which when we concentrate on this moment, we can see all things without a screen called thoughts.
I feel kind of scared to hear that the real world is only the space in which nothing exists. But don’t you recognize that there is “being” in “nothing”, and there is “nothing” in “being”? Yes, all things in this world emerged from the world of nothing, right? We might be similar to a blood platelet in a body. When we get injured, a draft card is issued to let platelets go to the wound to cure it.  In other words, if we comprehend that we all are members of the same boat, a war might disappear and we might respect each other.

幻想ではない本当の世界

私達が生きているこの世は幻想の世界で、人生というストーリーを独立した個人として生きているため、本当の世界を見ることができないらしいのです。大和田さん曰く、実際にあるのは無限の空のスペースだけで、私もあなたも誰も存在していないそうです。時間という概念も人間が作り出したものであり、本当の世界には時間が存在しないらしい。あるトラックの運転手の話が書いてありました。運転手はトラックに乗って目的地に行ったのですが、出発してから思考が止まり、時間を感じなくなりました。それでも事故を起こすことなく、また、道を間違えることもなく、無事に目的地に着いたそうです。その時に運転手が気づいたことは、出発時間と到着時間が同時に存在していたというのです。つまり時間は存在しない、ということを体験したわけです。空体験ですね。大和田さんによると、睡眠も空体験らしいのです。七時間寝ても、起きたら七時間もたったという感覚はありませんものね。何かに夢中になっている時の体験に似ているような気がします。我を忘れる、というか、一つのことに集中して作業しているといつの間にか時間がたっていますよね。時間って不思議です。エックハルトトールさんの、『さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる』という著書の中で、今この瞬間に意識を集中させると、思考というスクリーンを超えて物事を見ることができる、という言葉を思い出しました。
何もない「無」のスペースだけがある、というと、なんか怖い感じがしますが、「無」の中に「有」があり、「有」の中に「無」があると解釈できないでしょうか? この世のすべての物は、何もない「無」の世界から姿を現しているのですから。私達は人体の血小板のような存在かもしれません。体に傷が入ると、召集令状が出されて血小板は傷を治しに出陣するわけです。つまり、私達はみんな生命共同体の一員という解釈ができれば、戦争もなくなるし、お互いを尊重し合える世界ができるかもしれません。

We exist in love called universal energy.

They say the universe doesn’t distinguish between good and evil. Just the all things that happened are expressions of the universal energy, perfect, and other things that have not happened couldn’t happen. I couldn’t understand this content. I’m sure that there is “good” or “evil” defined by a human. For example, there is a family that teaches children saying that it is evil and stupid for a girl to laugh loudly. On the other hand, there is a family that believes that it is good for everybody to laugh loudly as in the proverb laugh and get fat. I don’t mind anything when both good and evil are just simple like the above. How about the Kyoto animation arson case? It is unjust. I don’t understand that all things that happened are love expressions of universal energy. How could we say such a thing? Furthermore, how could I say that such a terrible arson case is neither good nor evil? Ms. Owada says that because we couldn’t rewrite a story of the dream, we have nothing but accept everything as it is. But this world is quite cruel and full of many things that we couldn’t accept. Both good and evil are just the concept made up by a human, everything happens spontaneously through universal energy, and all are perfect. When we accept this idea, I feel that a person who wants to do something bad could get everything his or her way.
Ms. Owada said that when an individual loses everything, he or she sees everything appear. I think that we can understand what she said as an idea that we can see a wonderful world in which everything becomes one after we passed away.  However, like the proverb Death ends all, we want to live a meaningful life. I’m sure that nobody will unravel a paradox of universal energy. There will be nobody who can do it forever. Ms. Owada also says that a human can’t understand it. One certain thing is that her experience that all is vanity helped her from sufferings.

私達は宇宙エネルギーという愛の中にいる

宇宙は善と悪を区別していないといいます。ただ起こっていることすべてが宇宙エネルギーの表現であって、起こったことすべてが完璧で、起こったこと以外のことは起こりえない、というのです。ここが私には理解できないところです。確かに、人間が勝手に概念を作って、善だと判断したり、悪だと決めつけている場合もあります。例えば、家庭によっては、女の子が大声でゲラゲラ笑うのはみっともないし、悪いことだ、と子供に教える親もいるでしょうし、笑う門に福来る、男も女も面白いことに出会ったら大いに笑うべし、そのほうが元気があって良い、という家庭もあるでしょう。こんな単純な善悪ならいいのですが、京都アニメーションの放火事件はどうでしょうか? あまりにも理不尽な事件です。起こることすべてが宇宙エネルギーの愛の表現だと言えるでしょうか? それに、あんな事件を悪でも善でもない、と言えますか? 幻想の中のストーリーを書き替えることはできないので、すべてをそのまま受け止めるしかない、と大和田さんは言っていますが、あまりにも世界は残酷で、受け止められないこともたくさんあります。 善悪は人間が考えだした概念であって、すべては宇宙エネルギーによって自然発生的に起こっており、すべては完璧だ、ということになると、悪いことをする人はやりたい放題になりかねない気がします。
大和田さんは、個人がすべてを失った時に、すべてが現れる、と言っています。私的解釈になるかもしれませんが、死んであの世に行けば、すべてが一つになった素晴らし世界が見える、と解釈できます。しかしですよ、死んで花実が咲くものか、という言葉にあるように、たった一度の人生を有意義に生きたい、と思うのが人間です。宇宙エネルギーのパラドックスを解明できる人はいないでしょう。永遠にいないと思います。大和田さんも、人間には理解不能と言っています。確かなことは、大和田さんが経験した空体験が、大和田さんを苦しみから救ったということです。

Ms. Owada says that there is no God, but I want to say that the universal energy is God. We are doing our best in a hard life with difficulty. If we lose a great supporter, God, we will go astray more. I think that religion was made by a human, so I don’t want to join any religious organization. But I hope that there is one absolute truth of the universe that everybody calls God, and I want it to become an evacuation site for everybody.

大和田さんは、神はいない、と言っていますが、私は、宇宙エネルギーを神だと思いたいです。こんなに生きにくい世界で、苦しみながら頑張っているのに、人間から神様を取ったら、支えがなくなって人間はもっと迷ってしまいます。宗教は人間が作ったものだと思うので、私はどこの宗教団体にも入ろうとは思いませんが、宇宙を貫く真理、つまり神が、たったひとつだけあって、ほんのわずかな間でも人間の避難場所になってほしいと願います。

↓ いつもクリックしてくださってありがとうございます。応援してください。
↓ Please click here. Thank you very much for your continuous support.


エッセイ・随筆ランキング



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA