Mask 💗 仮面

Strange to say, I am looking for myself. My face has a small mole on the middle of the forehead. Not beautiful, but a charming face. Oh, good old days! I had lots of friends and used to go for a drink and speak evil of a boss. What on earth where is myself?




おかしな話ですが、私は私を探しているのです。眉間に小さなホクロがあります。美人ではありませんが、愛嬌のある顔です。あ~、あのころは良かった。友達がたくさんいて、飲みに行っては上司の悪口を言っていた。私はいったいどこにいるのでしょう。

ニューヨークハロウィーンパレードからの一枚

One morning, when I woke up, I found that I was gone. Myself in a mirror was quite a different person. Large bright eyes like a westerner. Clear skin. Shapely nose. No mole on the middle of the forehead.

ある朝、目が覚めると私がいなくなっていたのです。鏡の中の私は別人になっていました。西洋人のようなパッチリした目。透き通るような白い肌。整った鼻。眉間のホクロは無くなっていました。

I woke up my younger sister soon, and let her look at my face. Looking at me in a fluster, she said “why are you so frustrated? Hurry up, or you will be late for work.” She said to keep her countenance. Looking my face, my father and mother also didn’t react at all.

すぐに妹を起こして私の顔を見てもらったのです。慌てている私を見て妹は「お姉ちゃん、どうしたの? 早くしないと遅刻しちゃうよ」と平然と言いました。父も母も私を見て、なんのリアクションもなかったんです。




At my work place, there was nobody who was surprised to see me. They said to me “Good morning Ms. Yamada.” When it comes to a clear change, I was dealing with my work quickly and efficiently. I was good at my work! However, my friend Yoko was very cold to me. I lost touch with not only Yoko but also everybody that was getting along with me.

会社に行っても、私を見て誰も驚く人はいません。誰もが普通に「山田さんおはよう」と挨拶をしてきました。変化といえば、驚くほどテキパキと仕事がはかどり、「できる人」になっていたんです。しかし、いつも仲良くしていた洋子がやけに私に冷たくなっていました。洋子だけじゃありません。全体的に今まで仲良くしていた仲間と疎遠になった感じ。

I came to like my beautiful face, and I was enjoying to put on makeup. I came to be liked by my boss who I had hated. He bought me a brand bag, and is treating me differently at an office. But, I have run into a lot of flak from women staffs. I want to get back what I used to be.

私は非常に美人になった顔が気に入って、化粧をするのが楽しくなりました。大嫌いだった課長から好かれるようになり、ブランドのバッグを買ってくれたり、職場でも非常に贔屓にしてもらっています。しかし、周囲の女性職員からの風当たりはひどくなるばかり。元の私に戻りたい。




It happened one night. While looking at me in a mirror, I noticed a white thread on my shoulder. I pulled and pulled and pulled it. My shoulder was getting itchy. I got off my clothes to notice that a thread is coming out of my body itself. A thread was getting thicker to become a rope and then a big lump. When I pulled it with all my strength, one lady came out of my body with a big sound “thud!”

ある夜のこと、鏡を見ていると、洋服の肩のあたりに白い糸がついているのを発見。引っ張ると、ドンドン出てきました。そのうちに痒みが出てきて、服を脱いでみると、どうやら糸は私の肩そのものから出ているようでした。引っ張るうちに糸はロープになり大きな塊になりました。塊を強く引っ張ると、ドンという音と共に、私の体から出てきたものが一人の女性になったのです。

What! She is what I used to be. I found myself at last. “give me back my face!” I shouted in annoyance. She, no, original me said to me. “I also want to go back to you. But your mask wouldn’t let me go back to you. That beautiful mask…….”

なんと、彼女は以前の私でした。やっと見つけた。「私の顔を返して!」私は大声で叫びました。彼女、いや、元の私は言いました。「私だってあなたのところに戻りたい。でも、その仮面が戻らせてくれないのよ。その美しい仮面がね。」

She said like that, opened the window, and disappeared into the darkness of night. Only my hoarse voice “Wait!” was swollen in the mystery night.

彼女はそう言い、窓を開けて夜の闇の中に消えていきました。「待って!」という私の乾いた声だけが、夜の帳に飲み込まれていきました。

Next morning, I found myself in the bed. Was that a dream? I hope it was a dream. But a piece of  long white thread was laid toward the window. My beautiful face in a mirror.

翌朝、私は普通にベットに横たわっていました。あれは夢だったのか、夢であってほしい、と思っていましたが、床に白い糸がスーッと一本だけ、窓の方に向かって伸びていました。鏡の中にはいつもの美しいままの私。



I stopped wearing makeup. Why am I disliked by everybody? Ok, I am beautiful without makeup, I don’t have to worry about makeup. My beautiful face let me make a fresh start. I went to work and was subjected to a cold stare again.

私はメイクをする気にもなれなくなった。私はどうしてあんなに嫌われているんだろう? まあ、メイクなんかしなくても十分綺麗だから気にしなくてもよい、と、気を取り直して出勤しました。会社ではいつものように周囲の目は冷たい。

I finally got lunch break time and went to the staff canteen. Someone was patting me on the shoulder. I turned around to see the person. She was an original me. She said “From now on, I am Ms. Hujimoto at General Coordination Division. Thanks.” I was surprised to ask her loudly “What happened to Ms. Hujimoto?”

やっと休憩時間になって、社員食堂にランチに行くと、後ろから私の肩をたたく人がいます。ふり向くと元の私だったんです。「今日から私、総務課の藤本になりました。よろしくね」と平然と言う元私。「本物の藤本さんはどこに行っちゃったのよ!」つい大きな声で私は聞いてしまった。

“Nobody doesn’t want her face! But there is nobody who is a person of character like her. Her kindness is a virtue.” Said an original me.

「彼女の不細工な顔なんてみんな見たくないわ。でも、彼女ほどの人格者はいない。彼女の優しさって美徳だよね。」と元私。

I also like her very much. She has a pure heart. I talked a chain of events to my family. They said. “Why don’t you become a novelist?” They would have nothing at all to do with me.

私も、藤本さんが大好き。本当に心の綺麗な人だ。帰宅して私は、家族に一連の出来事を聞いてもらった。「あなた小説家にでもなったら」と家族。誰も相手にしてくれなかった。

Next morning, my face in a mirror changed again.

翌朝、鏡をみると、再び私の顔が変わっていた。




A perfect person with good-looking, clear-thinking, and so on tends to be subject to jealousy. It is a human’s ironic nature that he or she doesn’t need to be ostracized in his or her village because he or she has half-baked part. Many people love potato-head person.

人は全てが整っていると嫉妬の対象になるのです。どこか恵まれていないところがあるから、村八分を免れるという皮肉な性質を持つのが人間なのです。ドジな一面をもっているほうが可愛いかもしれませんね。

Who deprived Ms. Yamada of her body? 

山田さんは誰になってしまったのでしょう?

Thank you very much for reading my story through to the end.

See you.

↓ いつもクリックしてくださってありがとうございます。応援してください。
↓ Please click here. Thank you very much for your continuous support.


エッセイ・随筆ランキング



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA