相手にいい思いをさせておきながら勝つ方法・Defeat your opponent

Hi. Friends! Today, I will show you a technique in handling a person who attacks you.

こんにちは! 今日は自分を攻撃する人の対処法について書きたいと思います。

ひろしま美術館敷地内の風景

Long ago, there was a sculptor named Michelangelo. He made a Statue of David five meters high by order of the king. However, the king complained that David’s nose is too high. He has too much pride. He wanted to show off his good sense about sculpture.

その昔、ミケランジェロという彫刻家がいました。彼は王様の命令で高さ5メートルのダビデ像を作りました。しかし、王様が像の鼻が高すぎると言ってイチャモンをつけてきたのです。非常にプライドの高い王様で、「俺にも彫刻のセンスがあるのだ」と言いたかったようです。

Then, Michelangelo put plaster’s waste and two chisels in his pocket and climbed up a ladder to reach at the nose. He made a noise by hitting one chisel on another and sprinkled plaster’s waste on the floor as if he were lowering the nose.

そこで、ミケランジェロは、削った石膏のクズと二つのノミをポケットに忍ばせて、梯子を登り鼻のところに到着すると、二つのミノでカーンカーンと音を立てました。そして石膏のクズをパラパラと落としたのです。あたかも像の鼻を削ったかのように。

Even though the height of the nose was not changed, the king was satisfied thinking that this is a beautiful nose, I have a better sense than Michelangelo. Michelangelo also was completely satisfied with his work without any opinions of others.

鼻の高さは全く変わってないのに、王様は、「これで丁度いい鼻の高さになった。ミケランジェロより俺様のほうが芸術的センスがある」と思って満足しました。ミケランジェロも、自分の作品に一切他人の意見を加えることなく大満足の作品を作ることができました。

This is an advanced technique pretending to accept somebody’s advice and ignoring it. It requires acting ability as well. When you are attacked by somebody saying “You shall never finish your job! Why don’t you do like this! Fuck you!” you will say “Oh thank you. That is a wonderful idea. I’ll do it.” and praise him or her. And never accept it. I think this technique is nice.

相手の言うことを聞き入れた振りをして実際は全く言うことを聞かない、という高度な技です。演技力も必要になります。「〇〇したら仕事がはかどるのにどうしてそんなやり方をするの!」と攻撃されたら、「そうですね。そのやり方はとても素晴らしいと思います。やってみます」などと、相手をほめたたえたようなことを言って、実際には言うことを聞かない、というやり方も有りということです。

Please refer to “Clinch technique” as well. But if you belong to a group, that is to say, for example, a company or a some kinds of circle, that more than 90% of them have the same graduating school, the same religion, and so on, I recommend that you leave there without doing anything. In short, please run away from there. No matter how correct you are, you will lose because they are in an organization.

以前紹介したクリンチ技も併せて参考にしてみてください。しかし、所属している集団、つまり、会社やサークル活動などが、ある一定の特色を持っていた場合、たとえば、宗教や卒業した学校が90%くらい同じ人で構成されていた場合は、何もしないでその場を立ち去ることをお勧めします。つまり逃げてください。少数派はどんなに正しくても必ず負けます。相手は組織ですから。

Thank you very much for reading this bolog through to the end. I’ll be grateful if this blog is useful for your life even just a little bit.

↓ いつもクリックしてくださってありがとうございます。応援してください。
↓ Please click here. Thank you very much for your continuous support.


エッセイ・随筆ランキング



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA