大金は楽しんでいる人のところにやってくる

人との距離

空間と対人関係は微妙に関係があると思う。
スクリーンのない狭い職場で数名の職員が
顔と顔を付き合わせて仕事をしていると、
なんらかの感情のぶつかり合いが起こる。
朝の朝礼以外はみんな外回りとか、
他の建物に移動するとか、
違うスペースに移動しなければ、
息がつまってしまうと思う。
気をつかってしまうタイプの人には、
お勧めできない職場だ。
間仕切りやスクリーンは大きな役割を
果たしている。
私は大丈夫、誰とでもうまくやっていけるから、
と豪語する人も、空間の視点から職場を選ぶ
事も視野にいれたい。
誰とでもうまくやれる人は意外と少ない。

 

↓ いつもクリックありがとうございます。応援してください。


エッセイ・随筆ランキング

断る勇気

無理して引き受けても、
できる事とできない事がある。
できないこ事を受け入れていると、
信用問題に関わってくる。
できないことを断ったために、
突き合いが無くなるのなら、
それでいいではないか。
できる範囲で頑張ればよい。
それが自分を大切にしていることになる。


エッセイ・随筆ランキング

楽しむ

お金儲けが先走ると、
楽しむことができなくなる。
お金儲けと楽しむことは別物なのだ。
楽しくなければたいしたお金にはならない。
小金がなら、雇われ人であれば、
お給料としてもらえるだろう。
大金はメッチャ楽しんでいる人のところにくるものだ。

 

 

↓ いつもクリックありがとうございます。応援してください。


エッセイ・随筆ランキング

自己犠牲はダメ

自分のことは後回しにして、
他人のためになることこそが、
素晴らしい行いだと、
思い込んでいる人がいる。
自分を大切にできない人は、
他人も大切にできないのだ。
人の犠牲で自分が幸せになるのは
よくないけれど、
自分を犠牲にしてばかりいる人には
良い事はやってこない。

 

↓ いつもクリックありがとうございます。応援してください。


エッセイ・随筆ランキング

必要なものは必要なのだ

節約、節約、節約、とやっきになる。
そんなに不自由な思いをしてまで節約してはいけない。
必要なものは必要なのだ。
清く、貧しく、清貧生活は、心まで貧しくする。
宇宙の法則は、その人が出している波動を正直に受け止める。
必死に節約していると、
天は、「節約が好きなんだなぁ。もっとお金に困る状態にしてあげよう」
となるのだ。
必要な物で買えるものは買って、感謝して使うことだ。

 

↓ いつもクリックありがとうございます。応援してください。


エッセイ・随筆ランキング

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA