AIにはできない仕事

AIにも人間にもできないことは、
命を作ることです。
花の種一つ作れないし、
血液一滴でも作れません。
そのことを謙虚に受け止めて、
人間にしかできない仕事について
考えてみたいです。

病気や人間関係のトラブルなどは
膨大なデータをA Iに入力しておくと、
早く対応策が
見つけられるかもしれません。
いや、見つけられるでしょう。

困ったことに関しては
AIに任せたらいい事が
たくさんありそうです。

逆はどうでしょうか?
嬉しいこと、楽しいこと、
人を感動させることについては、
AIより人間の方が優位だと
思うのは私だけでしょうか?

絵や小説や歌なども、
AIにデータを
覚え込ませて、
どういう時に
どういう部分に
人間が感動するのか
というデータも
一緒にAIに覚え込ませておけば、
人間よりも優れた作品ができる、
と思いますか?

人間が絵などの作品を見て、
すごい!
と思っても、
作者がAIであることを
知った途端に、
げんなりするんじゃないですか?

映画や舞台で活躍している
俳優や物語の作品は、
人間がやっているからこそ、
感動するのです。

感情を持たない機械には、
人の心に訴えるかける仕事は
できないと思います。

つまり
クリエイティブで、
人を感動させる仕事は、
AIには無理でしょう。

たとえAIが作った作品を見て、
「よくできてるなぁ!」
と思って関心しても、
感動はないと思いませんか?

 ↓ いつもクリックしてくださってありがとうございます。応援してください。
エッセイ・随筆ランキング

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA