大腸ファイバー検査__大腸癌は女性の死因第一位

今年の夏頃から
出血があるので、
大腸ファイバー検査を
受けました。
結果、癌ではなかったので、
ほっとしました。
どんな検査なのか参考に
していただければ嬉しいです。

<入院になる可能性>
内視鏡で大腸内を
見てもらっている最中に
ポリープなどが見つかった場合、
その時にすぐ取ってもらえます。
その場合は、
入院になるので、
持ってくるもの一覧表を
もらいました。
旅行に行く時に
持っていくものと
同じようなものです。
違うのは紙オムツを
持ってきた方がいい、
と口頭で言われました。
私の場合は
オムツを使わなくても
済みました。
また、
入院することになっても
すぐに提出できるように
必要書類を書いておくと
慌てなくてもいいので、
早めに書いておくといいです。

<二日前から断食>
この写真にある通り、
検査前二日間と検査日は
ちょっと我慢が必要です。

食べたり飲んだりできない物を
見るよりも、
食べてもよい物を見て、
検査が近くなったら、
買っておくといいです。

<検査前日>
夜の9時以降は絶食で、
強力な下剤を飲むので、
早めに食べた方がいいです。
あまり遅くなって下剤を飲むと、
睡眠に影響するかもしれません。

<検査当日、自宅を出発前>
朝食を食べず、
お薬を飲みます。
病院で飲む下剤を
飲みやすくする薬です。

<下剤を1リットル飲みました>
病院によって違うかもしれませんが、
私の場合は、
梅風味にしてある下剤でした。
塩辛さが少しあって
美味しくないです。
ポカリスエットみたいな
感じだと想像していましたが、
気分が悪くなる匂いでした。
ゴックンと飲むたびに、
鼻を使わないで、
口だけで息をして
この臭い匂いを
乗り越えました。
飲むスピードは
200ミリリットルを
15分かけて
飲むように設定されていて、
無理なく飲めるように
してあるので安心しました。
ほとんどの人が
1リットルで
検査できるようになるとのこと。

<検査直前と検査中>
痛み止めと鎮静剤を
注射してから検査に入ります。
最初にカメラを
大腸の終わりの
部分まで入れてから
詳しく診ていくようです。
つまり、
1番奥から診ていき、
肛門付近まで診てから
終わりです。
途中で、
体の向きを変えたり、
膝を立てたりするように
指示があります。
少しだけ、
お腹がチクチクする
感じがありましたが、
思っていたより楽でした。

大腸癌になったら
大変なことになります。
早く見つけてもらって
安心した方がいいです。

↓ いつもクリックしてくださってありがとうございます。応援してください。
エッセイ・随筆ランキング

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

感性が乏しい人の職業

次の記事

無駄な競争はやめろ!