すし辰で夕食を食べた__商売繁盛の仕掛けについて!

たまには外食もいい。
すし辰は人気があるから、
夕方5時に行きました。
ところが、1時間待ちの人気ぶり!
我が家のいつもの夕食時間
ぴったりに食べることができました。

寿司が回転してなかったので、
びっくりしました。
コロナのせいかな?
すべてタブレット端末で
注文することに
なっていました。

今日は息子の奢りで、
みんなでお腹いっぱい
食べました。
このお店には、
百円のお皿はなく、
すべて数百円の
値段が付いています。

一皿に高額な金額が
付いていても、
内容が実に濃い!
美味しいのはもちろんだけど、
量が多い!
食べたわぁ〜、
という気分になります。
質も量もいい感じです。

百円寿司では、
ネタが薄っぺらで、
量も少ない!
どうせなら、
高くても美味しいものが
食べたいですよね。

この寿司屋では
誕生日の人を
店全体で祝うというという
エンターテイメントが
あって、
言葉で言うのは難しいけど、
太鼓や手拍子などで
派手に盛り上がっている雰囲気を
作り上げています。
会員様限定ですけどね。
祝ってもらう人は、
気分がいいですよね。

息子から聞いたのですが、
寿司屋ではなく、
ある普通の食べ物屋で、
入ってくるお客様は
みんな社長さんであるという
設定になっていて、
入店した全てのお客さんに、
「あっ、社長さん、
いらっしゃいませ。」
と声をかけるのだそうです。

社長、と呼ばれると
嘘でも嬉しくなりますよね。
お客の心を鷲掴みにする
この演出がすごいですね。

以前、私が行っていた焼鳥屋も、
似たような仕組みを作っていて、
お客さんに色紙を渡し、
サインしてもらい、
お店に飾ってありました。
サインなんかすると、
なんかスターになった気分
になりますよね。

これは他のビジネスにも
適応できそうですよ。
良いアイディアが
頭に浮かんだら
やってみてくださいね。

 ↓  いつもクリックしてくださってありがとうございます。応援してください。

エッセイ・随筆ランキング

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA