「気にしない」と「気にならない」の違い__ほっとする話

どんなことにも時期があって、
その時期が来ると、
すべてがパァ〜っと、
解決するのかもしれない。
以前、そういうことって、
あったなぁ。。。

「気にしない」と言うのは、
自分の努力でやっていることで、
「気にならない」と言うのは、
自分の努力ではなく、
ある日突然やってくる
不思議な現象です。

順番的に言えば、
気にしないように努力して、
その結果、
いつの間にか、
気にならなくっていた、
ということになるのでしょうか。

例えば、
学校のイジメで、
いつも自分の靴が
下駄箱から出されて廊下に
投げられている場
イジメている子は、
イジメられている子が
困っている姿を見て、
密かに喜んでいるわけです。

これは極端な例で、
こんなことをされて、
気にならない子供は
いないと思います。
あくまでも例え話として
聞いてください。

イジメる子は、
イジメられている子の
反応を楽しんでいるのですから、
イジメられる子が、
投げ飛ばされた靴を
普通に拾ってきて履き、
何もなかったかのように、
漫画でも読みながら、
平然と下校していったら、
いじめっ子は
かなりがっかりするでしょう。

大人の世界でも同じです。
気にしないように
努力しているうちは、
物凄いストレスが溜まります。
しかし、
気にならない、というのは、
何の努力もいらないし、
平気でいられるわけです。

最近、
どうやったら、
気にならない境地に
達するのだろうか、
と考えてみたところ、

それは、自分の意識に関係なく、
突然やってくるのではないか、
と思うようになりました。

あからさまな嫌がらせをされて、
気にしない、
なんてことができるのは、
お釈迦様かキリスト様くらいでしょう。
私達は神や仏ではないから、
腹が立つのは当たり前です。

でも、解決策が全くなく、
助っ人はゼロで、
やるべきことは
全部やったのに、
解決しない時、
諦めるしかないわけですよね。

つまり、
我慢を強いられるのです。
「気にしない」ためには、
物凄い努力とエネルギーが
要求されます。
それは耐え難い我慢の連続です。

しかしですよ、
ある日突然、
神様からプレゼントが
舞い降りてきて、
「気にならない」
という魔法の境地を
ゲットするわけです。

どうやったら、
そのプレゼントを
ゲットできるのかは、
誰にも分かりません。

ひとつ言えるのは、
無駄な抵抗をしていることに、
気づいて、
気にしないように
努力することが
馬鹿らしいことに気づいた時、
すべてが解決するような気がします。

現在の私は、
気にしないように
努力しているレベルです。

私と同じような境地にいる人も
いらっしゃるかと、
思います。

諸行無常という言葉に
あるように、
この世の全ての物は
変化するので、
どうしようもなく
抑えきれずに、
爆発しそうな怒りも、
いつかは消える、と信じて、
「気にならない」境地が
必ず来ますから、
その日を待ちましょう。

 いつもクリックしてくださってありがとうございます。応援してください。


エッセイ・随筆ランキング

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA