隣人の腐った脳みそ NO3

道路は奴らのパラダイス!
この写真は我が家のガレージ
の内側から撮影したものです。
まったく車の出し入れができません。
弁護士にこの画像を送ると、
物凄い言葉が返ってきました。
弁護士法に違反しています。

みんなの道路は俺達だけのパラダイス!

この弁護士は、
今回の仕事の要とも言える念書を
書かせることができなかったにも関わらず、
相当な額のお金を要求しました。
紛議朝廷で懲戒請求しようと
思っています。
つまり、お金を返してもらうことです。

上記の状態は弁護士が決めた
契約期間最終日の
わずか2週間前頃の画像です。
妨害物排除という仕事は
成功していないにも関わらず、
相当な額を払ってしまいました。
払った私も私ですが、
この弁護士は弁護士という仕事に
まったく向いてないと思いました。

この映像をメールで弁護士に送り、
電話すると、
「このプールって、濡れてるよね?
濡れてるものを乾かすのって、
普通ですよ。あなただって、
塗れた物は乾かしたいでしょ」
と、信じられない言葉が返りました。
依頼者は私なので、
私の味方をしなければならないのに、
相手の味方をしていますよね。
みなさまも、
弁護士が必要になったら、
このような最低の弁護士に
当らないように気をつけてください。
ほんとに弁護士の資格もってるのかなぁ?

さらに、付け加えると、
この弁護士は
ほとんど警察との連携なしで、
仕事をしていました。
普通は、私を連れて警察署に行き、
私の弁護士に就任したことを
伝えるのが一般的なやり方です。


つづく

↓ いつもクリックしてくださってありがとうございます。応援してください。

エッセイ・随筆ランキング

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

隣人の腐った脳みそ NO2

次の記事

辛さを忘れる方法