エネルギーを吸い取る悪魔から逃れる方法

おしゃべりが大好きな人がいます。
仕事が終わったらすぐに帰りたいのに、
誰かれなく声をかけてきて、
自分の話をしてはマウントを取る人って、
困ったものですよね。
捕まった人は、まるで蜘蛛の巣にかかったみたいに、
悪魔から延々と血を吸われるわけです。

ニューヨーク・マンハッタンのメトロポリタン美術館

おしゃべり大好き人間の特徴。
1、帰宅すると奥様が怖い。
2、部下に先輩振りを見せつけたい。
3、暇つぶしをしたい。
4、人に迷惑をかけていることが分からない。
5、自分は会社の人気者だと思っている。

相手が先輩だったら、
「今日は急いでいますから帰ります。」
とは言いにくいですよね。
アメリカ人なら、そう言って、
すぐに帰ってしまうと思います。
日本人は、付き合いを大切にするからね。
話が長い場合は、
時間がないので、帰ります、
とかなんとか言って、
話の腰を折るわけにもいかないし、
いったいどうしたらいいのでしょう?

こういう先輩こそ、
近寄らないほうがよい人だと思うのですが、
蜘蛛の巣にかかってしまわないようにするためには、
あなたが、近寄ってはいけないタイプの人に
なったらどうですか?

こういう厄介な人というのは、
だいたい、自分の話ばかりして、
相手の話を聞きません。
自分の得意分野の話をして、
俺ってすごいんだぜ、と言わんばかりに、
マウントをとるわけですよ。

蜘蛛の巣にかかるのは、
たいがい、勤め始めて日が浅い人ばかりだから、
蜘蛛の巣にかかった人は「凄いですね」「かっこいい」
などとおだてるので、
マウント人間は益々調子にのって喋り捲るわけですよ。

だから、
あなたも自分のことばかり話したらどうですか?
または、
質問されたことに対して、
まったく関係ない話を持ち出して、
基地外の振りをしたらいいと思います。
笑ってはいけないところで、
急に笑い出すとかも、いい感じですねぇ。

マウント人間は、
自分の証人欲求が満たせなくなったら、
あなたを引き留めなくなると思います。
他にも蜘蛛の巣にかかった人がいて、
数人で話していた場合、
その犠牲者達からも、
あなたは基地外だと思われるかもしれません。
でも、大丈夫!
真面目にお仕事をしていれば
ちゃんとお給料をもらえます!

↓ いつもクリックしてくださってありがとうございます。応援してください。

エッセイ・随筆ランキング

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA