マインドコントロールを解く__お金をほしがる神様はいません

信仰宗教は、やたらとランク分けが好きです。
ゴールド会員とかシルバー会員みたいに、
化粧品屋とよく似ている。
物を売る商売なら、
お客様の購買意欲につながるし、
お店も繁盛するわけだから問題はない。
しかし、神様にはお金は必要ない。

自分はマインドコントロールされているのではないか、と思っている人は早く立ち直れると思います。しかし、宗教などを信じ切っている人はなかなかマインドコントロールを外すのは難しいです。統一教会のように、とんでもない金額のツボとかも買ってしまうわけですから、宗教がらみは困りものですよね。家族にそういう人がいたら、まず、神はお金を欲しがっていないことを話して差し上げましょう。私利私欲に走っている宗教のトップは異常であることに気付くことが大切。そして、なぜその人が宗教団体に入ってしまったのか考えてみましょう。何かにつまづいて辛い思いをしている時に、人間は悪魔に魂を売ってしまいがちです。病気とか、会社の倒産とか、離婚とか、解雇されたとか、不幸の影に見え隠れするものは、人の魂を吸い上げる悪魔です。宗教団体にお金を払っても、抱えている問題は解決しないことを教えて差し上げましょう。

以前、集団ストーカーという言葉が流行ったことがあります。たくさんの人に監視されているという恐怖は耐えがたいものです。私は以前、ある宗教団体からしつこく勧誘されたことがあり、かなりキツイ言葉で、ポストにパンフレットを入れるのはやめてくれ、と言って突き放したことがあります。それからというもの、同じ2人の女性が私に付きまとうようになりました。ポストの中にはメッセージが入り続けました。その内容は、「あなたは神に選ばれた人です。私達はいつもあなたを守っています」という厄介な内容でした。その二人の女性以外の人も、もしかしたらその宗教団体の信者ではないかと、疑心暗鬼になり、集団で私を監視しているような錯覚に陥っていた時期がありました。でも、これって、マインドコントロールにかかっていたんですよ。どう考えても、私一人をたくさんの人数で付け回すなんて、そんな暇な人はいないのです。宗教団体も、私を入信させることができなければ、他の人を探したらいいわけで、私に付きまとう意味なんてないのです。時間とお金をかけて、私のような無神論者を追いかけても何のメリットもないわけですよ。しかし、こういう考え方になるまでには時間がかかりました。家に引きこもってみたり、ストーカーをする人の特徴をネットで調べたりしていました。今考えると、ストーカーについてネットで調べるのはやめた方がいいです。ロクなことが書いてありませんからね。さらにもっとひどいマインドコントロールにかかる可能性があります。友達と好きな趣味の話でもするほうがいいです。まずは、自分がマインドコントロールにかかっていることを自覚して、疑心暗鬼になっていることを認めることです。

 宗教だけじゃなくて、男女間の間でも、お金が絡むとロクなことにならないのですよ。恋愛感情真っ盛りで、好き好き好き、となっている時、男がお金を工面してくれ、と言って来たら、惚れた弱みで、多くの女は言うことを聞いてしまうのですよ。よーく考えたら分かりますよね。普通は、どんなにお金に困っていても、男は好きな女に金を貸してくれなんて言いませんからね。その逆も同じで、大好きな男性に身の丈に合わないような高額な物を買わせたりしません。恋愛真っ盛りの男女は要注意! 

 読者様も私も、お互い、悪魔の魔法にかからないようにしましょうね。いつも現実を見つめて生きていたいものです。起こってしまった不幸は、起こるべくして起こっていると考えることができたら、ほんの少しかもしれませんが、楽になります。ジタバタしないで、現実をしっかり見据えた上で、落ち着いて対策を考えるほうがいいです。どうしても神様に頼りたいなら、近所の氏神様のところにでも行って手を合わせるほうがいいと思います。

↓ いつもクリックしてくださってありがとうございます。応援してください。

エッセイ・随筆ランキング

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA