他人を引き合いに出してでもマウントを取りたい人

嫁のお兄さんなんどけどさぁ、、、
夫の妹がねぇ、、、、、
息子の友達なんだけどぉ、、、、
従妹の子供ってすごいのよぉ、、、、
隣に住む○○さんがね、、、、

それって、あんたと何の関係もない人だからね。
それを自慢して何になるの?
うんうん、すごい人だってのは分かるけどさ。

こんな感じで、やたらとマウントを取りたがる人っているね。
その人って、自慢できるものをほとんど何も持ってないのかなぁ?
それとも、他人を引き合いに出しているのに、
自分の自慢になると思っているのか?

ウチの嫁は東大出てるのよ、
と言う人には、
あなたはどこを出てるの?
と聞いてみたらいいかも?
とにかく、あたなは? あなたは? あなたは?
って聞いたら、
たぶん何も答えられない。

自分には何も誇れるものがない人で、
それでも、自分に注目してもらいたい人が、
誰でもいいから引っ張ってきて、
自慢しまくる!
そういう人って、年寄りに多いかな?
みっともないことをしているのに、
本人は、鼻高々に、
自分とは関係のない人を自慢する。
 

そういう人は肩書に弱い。
子供の結婚式でスピーチをしている人が、
どこかの校長先生であれば、
さすがに話すのがうまい!
校長先生だから、やっぱり違うね、
などと言って、
我が家の息子の結婚式には、
こんなにすごい人、つまり校長が来るんだ!
と間接的に、ちょっとだけ自分の自慢をする。

そのマウントを聞いている人は、
みっともないなぁ、と思っているのに、
マウントを取っているその人は、
いい気分になって、さらなるマウントを探している。

ちなみに、
そういう人に、「それはすごい。さすがだ。かっこいいね。」
などと言ってごらんなさい。
調子にのってもっとマウントしてくるよ^^

↓ いつもクリックしてくださってありがとうございます。応援してください。

エッセイ・随筆ランキング

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA